カマスの話と船の話が好き

カマスの話が好きです。

この手の話は意外と良くあるんですが、なぜか自分の心を捉えて離さないのです。

 

私が最初に聞いたのは確か研修か何かで

どこかのえらいひとが話していたというのが最初でした。

 

このカマスの話には似たような話があって、

1stペンギンとか、さるとか、ノミとか、メダカとか、

あとはゆでガエル・・・は少し違いますが

とにかく同じような話があるんですけれども、

カマスの話が妙に刺さったんですね。

 

魚だからかもしれません。

魚じゃないとここまで刺さらなかったかもしれないです。

 

カマスの話というものを説明しておくと、

 

まず水槽とカマスを用意します。

この水槽に、透明な仕切り板を真ん中に入れ、水槽を2つに分けます。

 

片方にカマスを入れて、もう片方にエサを入れます。

そうすると、カマスはエサを食べようとして

チャレンジし、真ん中の仕切り板のガラスにぶつかります。

 

このガラスにぶつかるっていうのは魚にとって結構な衝撃らしく、

水族館の魚は、ガラスにぶつかって死んでしまうこともよくあるそうなんですが

とにかくエサを求めてカマスはガラスにぶつかるんですね。

 

でも、当然仕切りがあるのでエサを取ることができないわけです。

で、カマスはどうなるかというと、

何回かぶつかると、エサを取ることを諦めてしまいます。

 

これは不思議なんですが、

透明の仕切り版を外して、エサを取れるようにしたとしても

カマスはもう、エサに飛びつくことはなくなるんですね。

 

負の学習をし、エサはもう取れないと思い込み、

エサが取れる様になっても、諦めてしまうんです。

何回か挑戦してダメだった記憶から2度とエサのある向こう側を目指すことは無くなってしまうのです。

 

それで、ここからが本題です。

このカマスにもう一度エサを取らせるにはどうしたらいいかということなんですが、

どうしたらいいでしょう。他の話を知っている方なら想像がついていると思います。これがとても簡単なんです。

 

それは何かというと、水槽に新しいカマスを入れるだけです。

 

新しいカマスは、水槽に入った途端、

エサを見つけて飛びつきます。

 

この様子を見て、

諦めてしまったカマスも我に返ります。

「アイツができたのなら、オレにもできる!」と思い

またエサを取りに行くようになる、ということです。

 

 

・・・。

 

 

いやーいい話でしたね。

この話好きなんですよ。

 

 

この話を聞いたときに、

成果を出す人と成果が出ない人はその場の環境やコミュニティに原因があるのでは?

ということを思ったわけです。

そしてその差は新しいカマスが出てくるかどうか、仲間がいるかどうかという気がするんです。

 

よく、カールルイス以前・以後で陸上記録が劇的に変わった

みたいな話もありますが、

あれもカールルイスは新しいカマスだったわけです。

 

人類は100mを9秒台で走ることは無理だと言われていた。

それをカール・ルイスが破った。

 

それを見て、あるいはそれを見ただけで確信し、

他の競技者(古いカマス)たちも

「オレもできる!」と思い、実際に9秒台を出していったのです。

 

これってやはりどこにもこういう話ってあるんですよね。

確信を得るということがいかに大事かという話です。

 

コミュニティでも成果を出す人が多いところって、

新しいカマスが必ずいるんですね。

やっぱりみんながバンバン成果を出せるには

新しいカマスの存在が不可欠だと思うんです。

 

ネットで稼ぐのもそうじゃないですか。

昔は情報こそまるでなかったけれども、

今では情報があふれていて、逆に溢れすぎてる感はありますが

それこそ稼いでいる人の情報なんてたくさん出てきます。

 

それに、一人で稼げる金額とかもアッパーがあったように思います。

月に100万円も稼げればスーパーアフィリエイターみたいな雰囲気が過去にありましたが、

今ではそんなことはありません。

 

月収数百万円、あるいは数千万円稼ぐ人が出てきて、

どんどん基準値とインフレが上がっているわけです。

 

と同時に、後に続く人もどんどん確信を得て増えていきます。

 

なので、周りを見渡しても分かるように、

自分にも、そしてあなたにもチャンスはある。

 

幸せの境界線、

という話がまことしやかにあって、

これは稼ぐ金額が一定数を超えてしまうと

あとは幸福度がそんなに変わらないという話なのですが

 

それ以上が変わらないのであれば

やはりそこまでは稼ぐ必要があると思っています。

 

今の自分ぐらいの収入が、

なんとなくダレるようなラインだと思うんですが、

停滞=ゆるやかに死んでいることと同じ

であり、現状維持は右肩下がりする一方です。

 

ちなみに

幸せの境界線の収入はどのくらいかというと、

年収3000万円だそうです。

 

月換算では250万円。

 

今年中にいけない数字ではないですね、

全然イケます。

 

なぜなら同ジャンル・同手法において、

先人のカマス達がたくさんいるからですね。

 

月1000万円のストック報酬を目指すなら、

あと3年かかってできるかどうか、みたいな気配がしますが

その4分の一の250万円であれば・・・

 

本気でやって今年1年でいけますね!

 

よし、やりましょう!

他のカマスにできて自分にできないことはない。

特にこのネットビジネスにおいては。

 

ステキなYouTubeチャンネルのコンセプトもできましたし、

コンテンツと動画を作って有益な発信と価値提供で

報酬を積み上げたいと思います。

 

これができれば、

また一段高いところに進めるような、

そんな気がしています。

 

P.S

カマスの話ばかりして船の話しませんでしたが、

船の話もなかなか素敵ちっくな話なのです。

 

船の話もいずれどこかでしたいと思います

あの日に帰りたい人って何人いるの?

anohi

あの日に帰りたい人は果たして何人いるのか・・・?

ということでかなりの思いつきなんですが、

Instagram内をハッシュタグ検索してみました。

 

どうやら、あの日に帰りたいと思っている人は、

少なくともInstagram内において1699人はいるようですね。(※2018年1月20日現在)

 

私はどちらかというと過去に戻りたいというのは無いです。

「あの日、あの時、あの場所で、君に会えなかったら・・・!」

みたいな、”何から伝えればいいのかわからないまま、時は流れる”みたいなのはありません。

※大丈夫、若者はこの記事を読んでいないはずだ・・・。

 

もちろんそんなことが一切無いかと言えばそうではないのですが

基本忘れやすい、感情が長続きしない、わりとドライである、ということもあり

帰りたい日なんてないですし過去や変えられないものに執着はないのです。

 

そもそも思うに、過去は過去で生きづらかったように思います。

 

思い出は、脳内で思い出フィルターによって劇的に美化されます。

しかしのど元を過ぎれば熱さを忘れる様に、苦しかったものは少しずつ風化されていき、

美化された綺麗な思い出との差は広がっていくばかりです。

 

多少年を取るようになって思うんですが、

結局のところ今がやはり一番良いです。一番楽しいですし、一番賢いですし、

これからどんどん良くなると思っています。一種のマインドセットかもしれません。

 

自分的にも成長していることも勿論ありますが

決して早熟ではない、晩成タイプだからというのも関係しているかもしれないですね。

 

田舎に親せきがいるのですが、その親戚の叔父は、自称:なんでも早い人でした。

いわゆる、早熟タイプだったのです。

 

免許を取るのも早く、事業を始めるのも早く、周りの誰よりも何か早く取り組んだり

覚えるのも早く、口を出すより手が早い、そんな人でした。

でもその晩年は目も当てられないものでした。

 

詳しくは書かないのですが、傍から見ていると、すべてに飽きているような、

ある種のあきらめのようなものが背中にべったりと張り付いていて、

過去の栄光にすがり、口だけは達者な、田舎とか、昼飲みのできる居酒屋に良くいるような

人物がそこにはいたのです。

 

私も生意気でしたし性格も全く合わないので

反面教師にしていたのです。俺はああはならない、と。

 

余談が過ぎましたが現代というのは、老人からしたら、

「今の若者は生きづらそうで大変だな。時代も閉塞感があるし」

と思っているかもしれません。

 

もっと極端なことを言うと、ドブ川に住んでいる魚を見るような目で

我々の現状を憐れんでいる人も、もしかしたらいるかもしれません。

 

でもそんなことはないんです。同時に今だからこそのチャンスがあるというのも事実です。

たとえいつの時代でも気づけないチャンスはそもそもありますしね。

 

・仮想通貨で億り人

・ICOで一撃!

・YouTuber

・ネットビジネス

・インスタグラマー

・アルファブロガー

・アルファツイッタラー

・好きなことで・・・生きていく!

・クラファンで生活費を稼ぐ

 

いやいや。面白い時代です。

多様性が増えて、生きやすくなった人も多いのではと思います。

 

時代は必ず、進んでいきます。良くも悪くも戻ることはありません。

そして時代や歴史は繰り返されると言いますが、

流行やブーム、時代性はたとえ繰り返されたとしても

それは当然のことながら、以前と全く同じものではありません。

 

少し形を変えて、前提を経て変化した形で現れ、

そしてただひたすら進んでいきます。

 

そんな変化の激しい時代を我々は一体どう生きればいいのか。正解が無い時代です。

もはや明確な答えや、分かりやすいステレオタイプな生き方が用意されていない、

既存の答えやシステムが崩壊されてしまった時代なんです。

大企業に勤めていれば安心とか、終身雇用とか、年功序列とか、学歴があれば大丈夫というようなものではないんですよね。

 

ではどうすればいいかというと、

今は選択肢がとても多いので、ベンチマーク先というのは必ず見つかると思うんです。

なんだか良さそうだな、楽しそうだな、と思う方向に向かうのも手です。

 

そこで結局必要になるのは”個人の力”になると思います。

外に出れば出るほど、人と関わればかかわるほど、それをひしひしと感じます。

 

看板をたとえ外して個人になったとしても自分は戦えるのか?

個人で、自分一人で通用するのか?そんなことは常に考えています。

 

最近はどういうわけか頼られることや関わった人からの口コミで仕事が増えるの本当に多くなってきました。

目利きの人からの依頼が多いという印象です。

自分は派手さはなく地味なんですが、わりと実直に決めたことは守るタイプなんで

非常に地味に口コミが広がっている感じです。

 

自分は不動産もやっているわけなんですが、不動産ってほぼ完全に縁なんですよ。

最近面白いと思ったのが初めてあった人なのに、なぜかそういう話になったんですね。

普通はならないと思います。自分が無意識に何かを発していて、相手も無意識に何かを発していたんだと思います。

 

そうでなければ説明がつきませんし、初対面でそんな話にならないですよね。

相手の方は優良物件を引っ越しによって手放すということになったんです。

それを聞いて、もうこっちとしては渡りに船なわけですよ。

 

「その話、詳しく聞かせてもらえませんか?」

 

これだけで話がまとまれば、今の段階でも資産が〇〇くらい増えますし、

不労所得の上積みが確定です。優良物件って、ネットにはほとんど出回らないんですよ本当に。

本当に良かったら優良顧客に流すか、不動産屋かその知り合いがそもそも買いますしね。

 

ということでなんの話だったかというと・・・

人の縁の話です。不思議なものです。

 

人生がもし仮に上手くいっていない場合、

今までの人との出会いも間違いなくうまくいっていません。

 

何かを教わった時になんだか良くわからない、ということがあったならば

それは教えている人が間違いなく悪いでしょう。

 

ファーストコンタクトとかって大事ですしね。

これからの評価経済社会こそ、人との関わりが重要になってくると思います。

 

まとまりにかけますが、

 

【生存戦略】誰かを救い続けて生きていく

こんにちは、ISOYAです。

我々がいる業界というのは
なかなか特殊です。
特殊技能を要する超狭い世界です。

たこつぼの中にいる
専門家がドヤり出したり
ぽっと出のたまたま
上手くいった輩が

長期経営ビジョンを語るような
魑魅魍魎が跳梁跋扈する
ダークワールドです。

そんな中で、
繰り返されるテーマの一つに

『今、全くのゼロだったら何に取り組むか?』

というものがあります。

もはや古典のようなタイトルであり、

手垢もつきまくっているものであり、

もし仮に、私がジャックバウワーで
そのタイトルを見つけ、
そしてシーズン2の第1話であったなら
『Shit!全くつかえねぇ奴だ!』

と敵の足の骨を折っていることでしょう。
※唐突かつ意味は無い

さて、そんないわくつきなものですが
この質問って結構面白くて
古典だけあって示唆に富んでいます。
これは、

その時のトレンドだったり、
その人の背景だったり、
変わらぬ本質のようなものが
見え隠れする質問だったりするのです。

サイト屋の人は
サイトを作り

PPCの人はPPC、
物販の人は物販、
YouTubeは・・・今は厳しいですが

基本的にはその専門の人は
得意なその専門を使って再現しようとします。

でも、YouTubeの例にあるように
プラットフォーム依存型の場合は
どうしても参入時期というものが出てきます。

時代と市場の流れにだけは
逆らうことができません。

そんな中で、
ISOYAが全くのゼロになり

※まあ、YouTubeがゼロになったり
色々何かがゼロベースになることが
私には良くあるんですが・・・

資金も当然無く、
リストも無く、
知識と技術だけはある。

そんな状態の中で
2018年の初めに放り出されたとしたら
一体何をするか?

ということで考えてみました。

ある種の思考実験であり
お題への回答のようなものですね。

というわけで何をするかというと・・・

まずクラウドファンディングをします。
この企画を考えて生活費を稼ぎます。

月額課金が理想ですが、
ひとまず単発でも構いません。

少額のクラウドファンディングを
プラットフォームと企画を分けて
行います。

そしてそれとは別に。

起業家向けに
お金を取ることを考えます。

完全成果報酬の50:50で

セールスレターを書き、
プロモーションをするから
商品を売らせてくれ!

とオファーします。
相手のリソースを借りる形です。

この時、可能であれば
顧客リストも手に入るようにします。

これだったら・・・
基本的に向こうにはリスクが
無いはずです。

初めはリストホルダーを対象に
ハウスリストで売って、
売り上げが出てきたら

こちらで広告費を使って集客する
選択肢も出てくるので
オファーに幅が出ます。

あとはそうですね・・・

コミュニティに潜入して
ゲリラ戦を展開する、
というのもありますが基本は
こんな感じになると思います。

これが一番早いし、
売り上げも経つし、
顧客リストも手に入ります。

それと並行して、
クラウドソーシングでも
請負の仕事をするかもしれません。

クラウドソーシングは案件がアレな場合が
多いので見極めが大事ですが
時間単価と基準を明確にしておけば
ヘタを打つことは少ないです。
基本的には搾取されますからね。

こんな感じですかね。

あるいは、さらに即金を意識するなら
ゴミを回収して売ると思います。

時期次第ですが、
異動シーズンの秋と春に
企業や大学の廃品を狙うか

ファミリーセールに潜入して
片っ端から買っていくと思います。

※なりふり構わず

こういうふうにセーフティラインを
いくつか考えておくと
結構いいですよね。

人にもよりますが
実際、月に20万もあれば
最低限生活できたりします。

ここを確保したら、
あとの収益の伸ばし方というのは
誰かを救ったり、誰かの売り上げを伸ばす
という形で共存していく方が良いのでは?

などと最近は思っていたりもします。

やはり教えていて思いますが、
成長してもらったり
稼いでもらわないと
離れていきますからね。当然ですが。

私は教祖ビジネスをしてるわけじゃないんで

目に見える形でメリットを
与えなければダメだと思っています。

というわけで
ISOYA生存戦略【2018】は終了です。

追い込まれてなりふり構わなくなってからが
正念場ですからね。

改悪をしたYouTubeの
キャッチコピー
”好きなことで、生きていく”
に対抗して、

”ゴミを売って、生きていく”

というキャッチコピーも
アリかもしれません。

FIN

そろそろ無意味なマウンティング合戦はもうやめないか?

こんにちは。
業界問わず、
ゴミメルマガに厳しい男、ISOYAです。

つい最近、楽しく読んでいた
日刊メルマガが日刊を辞めましてね・・・。
楽しみでしたが仕方がありません。

約4か月続いたそうです。

確かにあのクオリティを日刊で、
というのは恐ろしく
時間を取られるだろうし

たとえ有料と言われても
頷ける内容でした。

有料メルマガも何誌か取ってますが
やはり日刊ってあまりないですからね。

基本は週一です。

それに日刊をやってみると
わかるんですが
これがなかなか大変なんですよ。

一体なぜか?というと

継続が大変!
というのもまあ、
当然そうなんですけど、

これってセールスの時とか
別企画が走ってる時も
日刊を配信するって
いう意味なんです。

これがなかなか凄いんですよ。

統一性を持たせたり
日に何通もメールを送る
ことになるわけです。

いやはや。
もはや修行や鍛錬の領域です。

好きだけじゃできないですが
最低限好きじゃないと
できないですね。

そしてここから
マウンティングの話になるんですが・・・
このマウンティングの激しい
業界はひとまず置いといて
仮想通貨とか、例のYouTubeの件でも
マウンティングが激しいですね。

なかなか香ばしい気配がします。

批判、賞賛、批判、賞賛・・・。

でもこういう他の人の意見を
見るのって結構参考になります。

自分との違いが本当に
良く分かるからです。

ただただ批判をしている人。
ただただ賞賛をしている人。
ただただ意見を横に流している人。
ただただ指をくわえている人。
それらしいことを言っている人。
見当はずれな人。
中でも問題なのは
ただ批判をしている人です。

総発信者時代において、
尖らなければいけないのは
わかりますが

それでも特定の何かを
ただ批判するのはどうかなと
思います。

○○党じゃないんだし。
仮想敵やもっと大きなものを叩かないと、ね。

この辺は、意識のレベルが上がると
そうなっていくのかもしれません。

まるで蟹工船の主人公が、
終盤、より大きな敵(システム)
の存在に気づくように。

※蟹工船や怒りの葡萄は結構好きです。
プロレタリア文学特有の、
あの反骨心がグッとくるんですよねえ。

※文学のウケるテーマって
病気・貧乏・恋愛・自己・不条理だと思うんですが
現代においては難しい気がします。

さて話を戻すと

仮想通貨に関しては、
初期から長期のガチホしてた人は
凄いと思います。

並の精神力じゃ、
ロング出来ないですよ。
金融のプロほど上げ相場のロングはしませんしね。

たとえ買って忘れていたとしても、
そもそもそんな何が上がるのかわからないのに
投資できるノリの良さが凄いです。

宝くじですね。

というわけで、
自分のスタンスとしては
正論が嫌いで

清濁併せ飲んだうえで
中立でいたい、
というタイプなんで

※バックナンバー「女神転生」の回参照
あれでいくと緑=DARK-CHAOS

変なマウンティングはしたくない、
ということをただ、
言いたいだけなのでした。

おしまい

P.S

そういえば以前
コンサルに申し込んでくれた方に
「どうして申し込んでくれたんですか?」

と聞いたことがあるんですが、
出てきた内容が意外なものでした。

タイミングや日々の発信とか
色々な理由はあったんですが、
決め手は

【本を読んでいるから間違いないと思った】

ということでした。

え・・・そんな理由で。。。
と思ったんですが

何が決め手になるか
本当にわからないものです。

私が集中的に本を読んでいたのも
学生時代であり

その中身も、多かったのは
エンタメや純文学です。
それらしいビジネス書系を
読むようになるのは
そのずいぶん後ですね。

今でこそ、
純文学とか読んでると
なんだか無駄に賢そうな謎の
イメージがあったり

良さげな雰囲気が
漂ったりしてますが
これも時代によるもので

漱石の頃なんかは
小説を読むと
頭が悪くなるとか言われて
フツウに迫害されてましたからね。
少し前の漫画みたいなものです。
新しいものは新しいという理由だけで
批判されます。

また一周しそうな
気もしますし
漫画だって、
今では市民権を獲得しつつありますし
そんなものは時代で変わるのです。

※まさか未だに漫画が悪いとか言ってる
人はいないでしょう・・・
情報量は滅茶苦茶多いですし。。。

というわけでちょいちょい
本ネタも差し込んでいるという

小ネタでした。

プランB、プランCを常に考え用意する

こんにちは、ISOYAです。

初めのプランというのは、
往々にしてうまくいきません。

それは情報やスキル、経験など
不完全なものや要素が
多すぎるからです。

よく言われているのが
事業をスタートした時の
いわゆる”プランA”は

数年経って、
軌道に乗り出した時の
メイン事業か?
というと
実はそうでなかったりします。

なにが上手くいくかはわからない。
なにが上手くいかないかもわからない。

けれどこれは不思議なもので、
プランAよりは
プランB,プランCの方が
良いものだったりします。

そもそも打率で考えたのであれば
プロ野球のトップでさえ
3割程度です。

3年続く会社はまったくもって
少ないです。

ですが実の所、
パーセンテージは
あまり関係ないと思っています。

パーセンテージを上げるよりも

小さい失敗を繰り返して
そのサイクルを早めて
次々と試していく方が
良いように思います。

パーセンテージが関係ない理由は、
一勝、一敗の中身の方が
圧倒的に大事だからです。

投資の場合、
勝率がメチャクチャ高くて
9割勝っていても
残りの1割で大きく負けていては
何にもなりません。

その逆でユニクロの社長が言うように
9敗していても残りの1勝で
取り返すことも充分できます。

取り返しのつかないような、
大きな失敗でない限り
プランB,プランCで挽回できたり
一撃で取り返せたりするのです。

結局のところ、
アインシュタインが言うように

”今まさに自分が直面している問題、
というものは今の自分の力では解決できない”

わけなんです。

だからプランAでは上手くいかない場合が多い。

そのプランAが崩れ、
ではどうしたらいいのか?

というと
必死にプランB,プランCを考えだし
試行錯誤して追い込まれる中で

スキルが向上したり
妙案が生まれて
活路を開いていくわけです。

闇が深ければ深いほど
コントラストのように
光がきれいに映える。

プランAは闇です。

プランB、プランCも闇かも知れない。

然し続けていくその過程の中で
プランの精度を上げていくわけです。

何も行動しなければ
何も起きません。

何か問題が起こったり
課題が出てきたとするなら

それは、正しい
フィードバックの結果です。

その意味を考え、
次のプランを常に練って用意していく、
その繰り返しが大事であるように思います。

P.S

YouTubeの件はやはり・・・
というところですが
こんなに早いとは
思っていませんでした。

以前、例の迷惑外国人を取り上げて
YouTubeの歪の話を少ししましたよね?
あの件で問題が完全に
浮き彫りになり
なりふり構わない連中、
ヘイトをばらまく連中にも
広告が表示されて
広告が差し止められる間に
一瞬で数十万円の利益が生み出され
広告費を支払っている広告主が怒り

転載の転載厨とか、
なかなかの無法地帯化していたわけです。

市場は常にベルカーブを描く、
というのは基本なので
今回の規約改訂の件は、

マクロで見ると成熟期に入ったから
というのが理由なんですが

ミクロで見ると、
完全にあの迷惑系YouTuberが
死期を早めたことになります。

これは間違いない。

そもそもこういうのは歴史があるんですよね。

・嫌韓系を一掃した時期もあったり
・間違って有名人のアカウント凍結したり
・U〇〇Mに逆らうやつの収益化をゼロにしたり
・黄色収益化マークにしたり

ミクロで見ると色々なことが
ありますが

トータルで見るとやはり
YouTubeが何をしたいのか?
何を排除したいのか?
何が嫌なのか?
何に弱いのか?

その方向性というのが
わかります。

この件で低レベルなマウンティングが
あちこちで始まるのが予想されますが
やるべきことを淡々とやるだけですよ。
耳になじみやすいことを受け入れず
淡々とやるべきことを
やるのみです。
リスクリヘッジは
重要ですけどね。