クビンスとヒューロムどっちが良いのか?ともあれジューサーで健康を手に入れた話

低速ジューサーってありますよね。

ミキサーじゃない、酵素をとれるやつです。

 

で、この低速ジューサー購入を検討した人ならわかると思うんですけども

クビンスかヒューロムか・・・

二択で迷うと思うんですよ。

 

家電の中でもやはりそこそこのお値段しますし

買う時に失敗したくないじゃないですか。

と言いつつ、あまりモノにこだわりがないせいなのかわりと良く調べずに買ってしまいます。

 

それで二択で悩んだ結果・・・クビンスにしたわけです。

ヒューロムの方がなんとなく評判良さそうだったんですが

総合的に考えて、敢えてクビンスにしました。

 

一つだけ引っかかっていたのは

クビンスが韓国製だということ・・・。

いや、お国柄で判断するわけじゃあ決してないんですが・・・

 

これがドイツ製だったらちょっと信用増すじゃないですか。

フランス製だと、なんだかちょっとオシャレ感アップしますよね。

韓国製だと。。。ちょっと、ねえ・・・(以下、自粛)

 

そんなことを考えて

ちょっとだけ気になってたわけです。

でもまあ、使ってみたら、意外と遜色ないわけで。

 

おお〜やっぱ取り越し苦労だったか!

良いものは良いんだなー

値段だってそこそこするし!

 

なんて思っていたら数ヶ月後に少し困ったことが発生しまして。。。

 

部品がちょっと壊れそうだったんですよ。

プラスチックのゴムなんですけれども、これが結構重要な部分なんですね。

 

でもってこれを交換しようと思って

色々とネットを探したり家電量販店に行ってみても

全然ないんですよ。

おかしいなあと思って色々聞いてみたところ

部品が生産終了して売ってない、というオチでした。

おいおい・・・

そんなのアリか!と。

でもまあ、家電ってモデルチェンジしたらだいたいそうですよね。

 

さすがにそういったメンテナンスのしやすさまで考慮しなくて失敗したんですが、

次回の検討項目にプラスしようということで

今回は致し方ない、我慢しようという結論になりました。

ちなみに部品はというと、

近くのショッピングモールでクビンス売っているところを見つけたんで

 

ダメ元でその部品だけ単体で売ってもらえないか聞いてみたら

メーカーから取り寄せると言ってくれましたw

言ってみるもんだなーと。

 

有事の際のサポート大事だなと思った瞬間です。

あ、ちなみにその店で買ったわけではないんですが・・・。

 

でもって毎朝この低速ジューサーで

にんじんジュース飲んでるんですよ。

にんじん+りんごですね。

 

にんじんもジュース用のにんじんとか売ってますし。

 

僕は朝食を食べなくても大丈夫なんですけど

健康系の本を読んでからフレッシュジュース飲みたいなー

と思い始めて、続けています。

 

それで、ジュース飲み始めてから

劇的な変化があったかというとそこまでよくわかりません。

酵素を取り入れるということで、

個人的には

 

・劇的に脳が活発になったり

・頭がキラキラと冴えまくったり

・鬼のようなアイデアが降りまくったり

・バイタリティが溢れまくる・・・

 

というのを期待していたんですけれども

期待のしすぎなのか、正直劇的な変化はそこまで自分ではわかりません。

もしかしたら感覚が鈍いのかもしれません。

 

でもまあ続けて数年くらいですかね、

ふと、そういえば風邪をひかなくなったなと。

 

普段は1年に1〜2回は体調悪くなったり

大きい風邪をひいてたわけなんですけど

初期症状が年に1〜2回あるか無いか、という具合に変わりました。

 

まあ、何かしら効果がないとマズいですよね。

 

旅行の時とか、旅先以外はずっと毎日フレッシュジュースです。

 

旅行の時とかホテルの朝食でオレンジジュースとか

出るじゃないですか。

以前はけっこう喜んで飲んでたんですけど

 

最近は、

これってコールドプレスジュースじゃないよなー

とか思いながらも、

その時は美味しければ良しとして飲んでます。

 

にんじんジュース、

なかなか良いです。

あ、ちなみにその後、ヒューロムのジューサーを買いました。

二代目ジューサーです。

クビンスはヨナナスができるのでちょっと気に入ってましたが

少し経つと物珍しさが無くなってヨナナス自体作らなくなったので

もはやメリットがなくなり、ヒューロム一択になりました。

ヒューロムは安定感がありますね。

部品もそもそもで言うと壊れないですし。

最近はまた、Panasonicとか色々新しいジューサーが出てるみたいなんで

壊れたら色々見てみようと思います。

二択で行ったらヒューロムですね。

画像はクビンスなんですが・・・。

ビジョンボードの作り方を間違えていた件について

ビジョンボード、という言葉を知る前。

 

その前から似たようなものは作っていました。

これはおそらく本の影響だと思うんですが、

やりたいことをリスト化して箇条書きに100個くらい夢を書き出していたんです。

 

それはそれで意外と効果があった、

ということが数年してわかります。

 

本では、リスト化したものは全て叶った、と著者が言っていて

これは凄い・・・と思ってやってみたわけなんですけれども

実際に自分の場合は3~4年費やして

6~7割達成という結果でした。

 

見よう見まねでやったわりには意外と効果てきめんだった、

といったところでしょうか。

 

それで、もっと強力なものがある、との話を耳にして

たどり着いたのが・・・ビジョンボードです。

 

夢を可視化して、見えるように写真でボードに貼っておくというもの。

それはコルクボードに貼ってもいいし、

パソコンのデスクトップの画像にしてもいいわけです。

 

好きなものを写真にして、貼り付けるだけという気軽さです。

そしてそれを目に見えるところに置いておくだけです。

この目につくところ、というのがポイントであるわけです。

 

さっそく作って見ると、なかなかいい感じであります。

夢を10個くらいバランスよく詰め込んだわけですね。

コルクボードでの作成です。

 

で、作ってみてどうだったかというと・・・

10個のうちは1つ、すぐに叶いました・・・!

 

いやいや、1つかよ!

 

と思うかもしれませんが

まあ、このビジョンボードは作り方が間違ってたんですよね。

エセビジョンボードだったわけです。

 

何が良くなかったのか?

色々あるんですが大きいところで言うと

 

・欲しいモノが10個では多い

・直近の今年の目標ではなく、遠い目標が入っていた

・期限を明確にしていない

・各写真の大きさを統一していない

・写真(目標)が抽象的過ぎてイメージできず具体的でない

・自分が本当に望むものでは無く、他人の夢を目標にしていた

・眺めていてもワクワクするような、心の動く写真じゃなかった

・行動に落とし込めていなかった

・毎日見ていなかった、存在を忘れていた

 

という具合です。最後は見てないんかい!と思うかもしれないんですけど

これが意外とよくやってしまうんですよね。毎日嫌でも見る、忘れないというのが結構肝心なのです。

これを踏まえて、デスクトップの画像にビジョンボードを作ったのです。

 

PCに向かわない日なんて存在しないので、これが一番ベストです。

あと問題はデスクトップがアイコンで煩雑になってくると

見えなくなってしまう・・・というのがあるんですがそこはダブルモニターですので

片方はスッキリしているので見えるという寸法です。

 

で、このビジョンボード、公開しようかと思ったんですけど

ビジョンボードを公開するのはあまりよくないみたいなんですね。

 

人に見せる前提で作ると、カッコよく作ったり、

見栄を張ってしまうから本当に自分が欲しいモノができないんだそうで・・・。

 

まあ、機会があれば

過去のものとか、叶ったものとか公開してもいいかもしれませんね。

・一番大事なことは可視化すること

・それを見えるところにおいて常に忘れないこと

これだけです。

色んな手法がありますが、ここだけが確実に言われていることで

肝の部分でありセンターピンだと思うので

ここだけ守れば成果は出ると思います。