■日本酒について

・日頃の御礼にと日本酒を頂きましたが、一言だけ言わせていただきたい
・お世話になっている方にお歳暮を頂きました。
・日頃の御礼にとお酒を頂きました2
・”歩く食べログ”の後輩から日本酒を頂きました。―中島屋 純米大吟醸 山田錦 中取り―


■過去フォルダ

・雪の茅舎 純米吟醸
・6年前で記憶に無いお酒なんだがこれも日本酒なんだろうか・・・。
・日本酒じゃないけど、たまにはあわもり
・雪の茅舎 純米 古酒 隠し酒
・神亀 純米 ひやおろし
・出羽桜 枯山水 大古酒 三年熟成
・奥播磨 純米吟醸 生
・神亀 純米吟醸 碧
・神亀 華吹雪、神亀 真穂人

■2016年頃
・亀吉 純米吟醸 亀の尾仕込み
・手取川 純米大吟醸 無濾過原酒 泉屋オリジナル「二龍騰飛」
・飛露喜 特別純米
・新政 No.6 Rtype
・新政 No.6 Stype
・霧筑波【30】記念酒 純米大吟醸
・狩穂 純米吟醸
・冩楽 純米酒 酒未来
・菊駒 純米酒
・山の井 60 コンセプト
・山本 純米大吟醸 蔵付き分離酵母「セクスィー山本」使用
・花陽浴 純米吟醸 八反錦 瓶囲無濾過生原酒
・花陽浴 純米大吟醸 八反錦 瓶囲無濾過生原酒
・花陽浴 純米大吟醸 美山錦 瓶囲無濾過生原酒
・花陽浴について
・大七 生酛 純米 寒おろし 生詰め
・大七 純米生酛 生原酒
番外編:国士無双大吟醸 生チョコレート
・十四代 純米吟醸 兵庫県産特A米 山田錦
・会津中将 純米吟醸
・飛露喜 純米
・而今 純米吟醸 酒未来無濾過生
・あぶくま 純米吟醸 夢の香
番外編:日本酒withそば屋
・亀泉 純米吟醸 原酒 生酒
・天吹 純米大吟醸 MONSTER
・米鶴 純米生酒
・而今 純米吟醸 八反錦火入
・Fuji ロ万 純米吟醸 一回火入れ
・奈良萬 純米吟醸 酒未来
・満寿泉 純米吟醸 酒未来
・冩楽 純米吟醸 にごり生酒
・大那 特別純米 東条産山田錦
・おんな泣かせ 純米大吟醸、一の蔵 純米大吟醸 山廃仕込み、花陽浴 純米吟醸 八反錦 瓶囲無濾過生原酒
・自然郷 セブン Special ver.
・寳劔 純米吟醸 八反錦 湧水仕込み
・七本槍 純米搾りたて生原酒
・くどき上手 純米大吟醸 播州山田錦39 緑
・花陽浴 純米吟醸 山田錦 瓶囲無濾過生原酒
・花陽浴 純米大吟醸 越後五百万石 瓶囲無濾過生原酒
番外編:結婚式に贈ったお酒
・九郎左衛門 裏・雅山流
番外編:イチローズモルトのハイボールが美味すぎて。
・而今 純米吟醸 八反錦火入れ
・廣戸川 純米吟醸 雄町
・荷札酒 純米大吟醸 山田錦50
番外編:庶民が美食の世界を覗いてみると・・・
・飛露喜 山田穂
・冩楽 純米吟醸 中取り おりがすみ 生
・南部美人 美山錦 泉屋頒布会限定
・澤屋まつもと 守破離 山田錦
・亀泉 純米吟醸 ペルル
・ロ万 純米吟醸
・寺田本家 むすひ

■お店飲み
・外ヶ浜 TREIZE 2016 AY
・外ヶ浜 TREIZE 2016 SG
・菊鷹
・田酒 純米吟醸 雄町
・作 PROTOTYPE
・十四代 吟撰 生詰
・天吹 純米大吟醸 雄町 生酛造り
・出羽桜 咲 Sparkling
・白瀑 純米
・神亀 純米活性にごり酒、くどき上手 純米大吟醸 にごり酒
・黒牛 純米吟醸 雄町100%、奥の松、
・飛露喜 特別純米 かすみざけ
・NEXT5 一白水星ver.

■日本酒研究会について
・日本酒研究会総決起集会
・自宅で日本酒研究会
・真菜板は神。
・松戸にいた頃に般若湯があって欲しかった。
・きく家での思い出
・バードランドは気配りもすごいのね。
・ナカタのsakeフェスin六本木(with福島のお酒)
・Danchu祭りと新政と鯖サンド
・研修の帰りに角打ち+イチローズモルトを求めて
・地元から友人が来たのであの場所に連れて行った
・セミナー後の研究会in日本酒原価酒蔵
・年末打ち上げで仲間と研究会
・新橋でお客さんと日本酒研究

■管理人プロフィール【sake ver.】

青森県出身。実家は陸奥八仙の蔵元の近く。
純米酒をこよなく愛する純米酒愛好家。

学生時代を山形で過ごし、sakeの師にもらった田酒に感動し日本酒に開眼。
以降、福島県は郡山の泉屋酒店に足繁く通い、日本酒を研究し始める。

日本酒の師から、都内には有名な居酒屋や高級日本酒居酒屋、
多くの有力な酒販店や特約店があることを聞き、上京を決意。

様々なタイプの日本酒を飲んでいく中で、純米酒が
もっとも料理と合い、旨みがあり、またポテンシャルのあるお酒だと気付く。

日本酒の酒質は年々向上し、現代こそが一番日本酒のおいしい時代だと感じているが
全国の蔵がどんどん減っていることや、
良質なお酒と料理を出す飲食店ほど無くなっていくことに憤りを感じている。

WEBマーケティングと情報発信により、日本酒の楽しさを伝えるとともに、
オフラインのリアルな場でも研究会を開き、日本酒の良さを伝えている。

日本酒のおいしさと楽しさを発信して日本酒人口を増やし
蔵元、酒販店、飲食店、消費者にwin-winになるような
活動を行うべく日々取り組んでいる。

趣味は読書。
好きな場所は森。
好きなお酒は純米酒。