カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【夢リスト100プロジェクト】100人の夢×100個集めてネット上にパワースポットを作ってみた。

~~夢を叶える勇敢なあなたへ~~

 

こんにちは、当プロジェクトへようこそ。
この場所では、あなたが現在何者であり、そしてどんな状況であるかというのは、一切関係ありません。

50歳でも、主婦でも、会社員でも、学生でも、借金があっても、ハゲでもニートでも関係が無いのです。

 

大事なのは夢を書く勇気があるか、自分の気持ちに真摯に向き合う気持ちがあるか。

そしてそれを行動に移せるか、ただそれだけです。

 

自分の夢の前では誰もが等しく挑戦者です。

どんなに年齢が若かろうと、挑戦をやめてしまえば、精神は老いてしまいますし、
逆にたとえ高齢であろうとも、挑戦し続ける人というのはエネルギッシュで、若々しく、活力に溢れています。

私は、もう今は、〇〇だから・・・

という台詞は金輪際もうやめましょう。そんなことはありませんよ。

もし、3歳の男の子が、「おれはもうだめだ・・・!なにひとつ満足にできやしない!」

と将来を悲観していたらどうでしょう。「いやいや、大丈夫。そんなに思いつめるなよ、坊主」と思うことでしょう。

 

3歳を例に出しましたが、他の年齢でも同じことです。

20代の学生を社会人が見たら同じように思うことでしょうし、30代を40代が見たら同じことを思うでしょう。

40代だって50代から見たらまだ全然時間があります。つまり、そんなものは比較の問題で、常に今ココがスタートなんだということです。

 

もう今は、〇〇だから・・・という台詞は言い訳に使ってはいけないんですね。少なくともこの場所では一切禁止です。

 

少し昔の話をするのですが
かつて、【夢リスト100プロジェクト】というのを行っておりました。

もうかれこれ5年以上前の話です。

ブログのテーマやネタでひっぱりまわされているこの”夢”や”リスト”のテーマですが、
私が扱おうと思った時、元ネタというのがありまして、それはロバート・ハリス氏の書籍、
「人生の100のリスト」です。

当時、【夢は紙に書くと叶う】という言葉と「人生の100のリスト」を読むことで、
自分もやってみようと思ったわけです。

そして時間をかけて何度も書き直しながら、ノートに100個書き出したんですね。100個なのでもちろんすぐには書けませんでしたが、

それはとても素敵な時間でした。

そして数年後。
ほぼリストの存在は忘れていたのですが実際にどうなったかということで
リストを見返してみると・・・

なんと書き出したリストの
実に6~7割はすでに達成していたのです。
(残りの2~3割りは不明確なものやどうでもいいもの、今となっては興味の無いものがほとんどでした)

これは本当に驚きました。

一回、二回じゃなくて何度も書き直していたり
見直していたりしたのですが
6~7割を達成していたということで、夢を紙に書く威力というのを思い知ったのです。

後に、紙に書くだけではなく、イメージしやすいようにビジュアル化することや、
その具体的な方法を知る所となるのですが

やはり最初にすべて【書き出す】ことはファーストステップとしてとても良いと感じました。

これをもとに、夢を書くと本当に叶うのかその再現性を見てみたいという思いと、
夢を書くということを広めたいと思い、
夢リスト100プロジェクトを発信し始めたのです。初めはTwitterやアメブロでした。

色々な方に参加して頂き、ブログにて達成度や進捗を見たり、
達成に向けて有益な情報や基本的な書き方や言葉に対する認識、最新の脳科学の話等をシェアし
数年の長いスパンで夢を実際に書いた人を確認していたのです。

結果的には、100人のうち、2~3割の方はブログが消えたり
離脱してしまったりしたのですが

残りの7~8割りの残っている方の夢リストに関しては、
少ない方で3割、多い方で7割近く達成していたことがわかりました。
やはりこれは効果がある!と実感した瞬間でもあります。

夢は、書き出すと現実的になるし、さらにシェアすると叶いやすくなる。
これはあらゆる書籍や先人達が示す通りです。

しかし、それをシェアする場ってあまりないですし、
書く機会もほとんどありません。余程のことが無い限り時間を取ることができなかったりします。

現代は無駄に忙しいですし、様々なものに消耗させられています。

 

SNSを開けば、誰かのストーリーが無造作になだれこみ、自分の幸福度を下げてしまいますし

自分の夢やストーリーだって、もしかしたら他人の夢やストーリーである可能性もあります。

 

そして、どんなに正しくても、大きな夢やビジョンを持つと馬鹿にされたりします。

現代では失敗に対して以上に厳しいので失敗を恐れるあまり挑戦をあきらめてしまいがちです。

 

ただ、この場所はそういう場所にはしたくありません。失敗する自由があればこそ、

大きなことができますし、はじめから完璧な状態で生まれてくるものというのはありません。

それは夢も同様です。

 

自分と同じように頑張っている人がいる。

その事実だけで、少しだけ前に進めたりできる。

そんな場を作りたいと思ったのです。

 

夢がたくさんあって、パワースポット的な場所と言えば神社が代表的なものですが、ネット上にはあまり見たことがありません。

これだけネットが発達していて、無いというのもおかしな話です。

 

そこで、

無いならば作ればいい。

ということでネット上に、

まるでパワースポットのようにたくさんの夢がたくさん集まっている、
とても素敵でエネルギーの高い空間を作りたい!
そしてその場の力を使って、どんどんみんなの夢が叶っていく状況を作り出したい

と考えプロジェクトを行うことにしました。

題して、【夢リスト100プロジェクト】。

ここではまだ途中なんですが、みなさんの夢を載せていこうと思います。

※追記:100人の夢、達成しました!

■みんなの夢リスト【随時更新中】


・Rさん(女性)の夢リスト

・Iさん(女性)の夢リスト

・Mさん(女性)の夢リスト

・Sさん(女性)の夢リスト

・Sさん(30代女性)の夢リスト

・Kさん(30代女性)の夢リスト

・Jさん(20代女性)の夢リスト

・Bさん(女性)の夢リスト

・Mさん(40代女性)の夢リスト

10

・Eさん(20代女性)の夢リスト

・Mさん(女性)の夢リスト

・Aさん(男性)の夢リスト

・Mさん(40代女性)の夢リスト

・Tさん(女性)の夢リスト

・Pさん(女性)の夢リスト

・Aさん(30代男性)の夢リスト

・Kさん(30代女性)の夢リスト

・Aさん(30代男性)の夢リスト

・Nさん(女性)の夢リスト

20

・Dさん(女性)の夢リスト

・Rさん(30代女性)の夢リスト

・Rさん(20代男性)の夢リスト

・rさん(女性)の夢リスト

・Aさん(30代女性)の夢リスト

・rさん(30代女性)の夢リスト

・Cさん(30代男性)の夢リスト

・Kさん(40代女性)の夢リスト

・Iさん(20代女性)の夢リスト

・Aさん(40代女性)の夢リスト

30

・Tさん(30代女性)の夢リスト

・Sさん(30代女性)の夢リスト

・Kさん(30代女性)の夢リスト

・Aさんの夢リスト

・sさん(20代男性)の夢リスト

・sさん(20代男性)の夢リスト

・Mさん(20代女性)の夢リスト

・lさん(20代女性)の夢リスト

・vさん(30代女性)の夢リスト

・aさん(女性)の夢リスト

40

・Eさんの夢リスト100

・Eさん(20代女性)の夢リスト

・Gさん(20代男性)の夢リスト

・Gさん(40代女性)の夢リスト

・Hさん(20代男性)の夢リスト

・Mさん(30代女性主婦)の夢リスト100

・mさん(女性)の夢リスト

・Nさん(10代女性)の夢リスト

・Oさん(30代女性)の夢リスト100

50

・Sさん(30代女性)の夢リスト

・Tさん(20代学生)の夢リスト100

・Tさん(男性)の夢リスト

・Tさん(20代学生、男性)の夢リスト

・Vさん(30代女性)の夢リスト100

・yさん(女性)の夢リスト

・Yさん(女性)の夢リスト

・Yさん(20代前半)の夢リスト

・Yさん(30代女性)の夢リスト

・mさん(20代女性)の夢リスト

60

・Tさん(20代女性)の夢リスト

・lさん(20代男性)の夢リスト

・Rさん(30代女性)の夢リスト

・Kさん(30代女性)の夢リスト

・Mさん(30代女性)の夢リスト

・Dさん(女性)の夢リスト

・Eさん(40代女性)の夢リスト

・Hさん(女性)の夢リスト

・Pさん(30代女性)の夢リスト

・Yさん(男性)の夢リスト

70

・Sさん(女性)の夢リスト

・Mさん(30代男性)の夢リスト

・Kさん(女性)の夢リスト

・Fさん(女性)の夢リスト

・Tさん(女性)の夢リスト

・Mさん(女性)の夢リスト

・Fさん(30代女性)の夢リスト

・Yさん(男性)の夢リスト

・Bさん(30代女性)の夢リスト

・Nさん(20代女性)の夢リスト

80

・Cさん(20代女性)の夢リスト

・0さん(20代女性)の夢リスト

・Mさん(女性)の夢リスト

・Oさん(20代女性)の夢リスト

・Cさん(40代男性)の夢リスト

・Mさん(女性)の夢リスト

・Bさん(50代女性)の夢リスト

・Rさん(女性)の夢リスト

・Nさん(30代女性)の夢リスト

・Uさん(女性)の夢リスト

90

・Mさん(50代女性)の夢リスト

・Yさん(30代女性)の夢リスト

・Mさん(20代女性)の夢リスト

・Yさん(30代女性)の夢リスト

・Sさん(男性)の夢リスト

・Dさん(20代女性)の夢リスト

・Rさん(30代女性)の夢リスト

・Nさん(20代女性)の夢リスト

・Kさん(30代女性)の夢リスト

 

P.S

イメージは具体的であればあるほど、叶う確率が上がります。
本当に不思議です。

そして、書き方で大事なポイントがあるのですが
”希望や願望”ではなく、”もうすでに手に入ったものとして”書くことが重要です。

つまり、~~したい!と書くのではなく、
~~します、あるいはしました!と書くことが重要です。

脳自体は妄想と現実を区別しません。
~したい、と書くと目標との距離が遠いことを認識・強化します。
区別がつかないのであれば、すでに手に入ったものと認識し、そのように書くのが良いです。

さらに明確に具体的に書くともっと良いでしょう。
ただお金が欲しい!という曖昧な目標では意味がありませんし
それは明確ではないので叶うこともありません。

そしてイメージや夢を書き出すのはとても大事ですが、
それと同じくらい大事なのが、少しでも行動すること、初めの一歩を踏み出すことです。

行動できない場合はたいてい、情報か知識か準備が不足しています。

今は少し前と違って情報が足りないということはありません。
むしろ溢れています。

大切なのは上手くいっている人、
成功している人の考えを取り入れることです。
それだけで結構うまくいったりしますね。

今、色々準備中です。
近日、このプロジェクトに続く企画を随時公開していきたいと思います。

サイト全てが非表示の怪!お名前.COMにしてやられた話

タイトルでネタバレしているわけなんですが

ある日突然ですね、サイトが表示されなくなったんですよ。

サイトが表示されないで見れない、なんてのは論外なわけで・・・

嫌な汗をかきながらも、これはマズイ・・・と思ってすぐに調べ始めたわけです。

 

まず初めに疑ったのはドメインの失効。

このドメインの失効も良くやりがちです。でもどうやらそうではなさそうです。

次に料金の未払いを疑ったわけですが、ピンポイントですしどうもそうでもなさそうです。

 

表示されているサイトもあるので、なんだか原因がよくわからないわけです。

サーバーが悪いのか?ドメインが悪いのか?それとも違う何かなのか?

切り分けながら調べていくと、

 

どうもお名前.comで取得したドメインのものが全てダメになっていることが判明しました。

これはどうもおかしい。

 

そんなことってあるのだろうか?大規模障害なのだろうか・・・。

と思いつつ、メールを調べてみると。。。

なんと!

 

【重要】[お名前.com] ドメイン利用制限設定 完了通知

 

という件名のメールが見つかりました。。。

 

わざわざ重要って書いているのになぜ見逃したのか?

しかもこのメールは再送3通目くらいで、何度も再送されていたわけです。

これは見逃しといえば見逃しなんですが、そもそもお名前.comからのメールなんて、

ドメインを大量に取得していると本当に鬼ほどメールが来るんでほとんど見てないんですよ。

 

更新が近くなると、ドメインの数だけメール送ってきたり、

すでに解約したドメインについても、【再取得しませんか?】なんていうウザいメールが来るんですね。

そりゃ見なくなるわ、という。

 

というわけで、お名前.COMのメールがうざいから常にアーカイブしていて重要なメールを見ていなかった

それが原因だったわけなんですね。

 

ドメインを何個も取ると、そのドメインの数だけ更新してくださいとか

どんどんメールがくるんですよ。正直うっとうしいわけでソッコー別フォルダにぶちこんでたわけです。

それがこの結果というわけで。

 

どうやら、認証をしない管理者のサイトは表示させないようにする、

という案内がされており、強硬手段に打って出たようなんです。これはなんの為なんだろう。。。

 

経緯が良く分からないので

そこまでする必要があるかどうか全くもって謎なんですが

結果としては被害をこうむってしまいました。

 

そもそもスパム的にうざいメールを送らなければこういうことにならないのに

メールをガンガン送ってきた上で、それでも比率的には少ない重要メールを見逃すな、という話にも取れるわけで。

とはいえ、いろんなリスクを考えなければなりません。こういう確認ミスもありますので。

 

こういう事態になるのであれば、お名前.comで取得したものは絶対に消せないサイトに使えないですね。

スタードメインとかに変えようかな。そもそも、全部消えちゃいけないサイトなんですけれども。

サイトによっては瞬断すらしてほしくないモノってのは結構あるわけです。

売り上げ的にも、見た目的にも。

 

メールを見逃さなければいい話なんですけれども

やっぱ今回の事件はちょっと釈然としないものがありますし

見直すいい機会になったというわけです。

あの日に帰りたい人って何人いるの?

anohi

あの日に帰りたい人は果たして何人いるのか・・・?

ということでかなりの思いつきなんですが、

Instagram内をハッシュタグ検索してみました。

 

どうやら、あの日に帰りたいと思っている人は、

少なくともInstagram内において1699人はいるようですね。(※2018年1月20日現在)

 

私はどちらかというと過去に戻りたいというのは無いです。

「あの日、あの時、あの場所で、君に会えなかったら・・・!」

みたいな、”何から伝えればいいのかわからないまま、時は流れる”みたいなのはありません。

※大丈夫、若者はこの記事を読んでいないはずだ・・・。

 

もちろんそんなことが一切無いかと言えばそうではないのですが

基本忘れやすい、感情が長続きしない、わりとドライである、ということもあり

帰りたい日なんてないですし過去や変えられないものに執着はないのです。

 

そもそも思うに、過去は過去で生きづらかったように思います。

 

思い出は、脳内で思い出フィルターによって劇的に美化されます。

しかしのど元を過ぎれば熱さを忘れる様に、苦しかったものは少しずつ風化されていき、

美化された綺麗な思い出との差は広がっていくばかりです。

 

多少年を取るようになって思うんですが、

結局のところ今がやはり一番良いです。一番楽しいですし、一番賢いですし、

これからどんどん良くなると思っています。一種のマインドセットかもしれません。

 

自分的にも成長していることも勿論ありますが

決して早熟ではない、晩成タイプだからというのも関係しているかもしれないですね。

 

田舎に親せきがいるのですが、その親戚の叔父は、自称:なんでも早い人でした。

いわゆる、早熟タイプだったのです。

 

免許を取るのも早く、事業を始めるのも早く、周りの誰よりも何か早く取り組んだり

覚えるのも早く、口を出すより手が早い、そんな人でした。

でもその晩年は目も当てられないものでした。

 

詳しくは書かないのですが、傍から見ていると、すべてに飽きているような、

ある種のあきらめのようなものが背中にべったりと張り付いていて、

過去の栄光にすがり、口だけは達者な、田舎とか、昼飲みのできる居酒屋に良くいるような

人物がそこにはいたのです。

 

私も生意気でしたし性格も全く合わないので

反面教師にしていたのです。俺はああはならない、と。

 

余談が過ぎましたが現代というのは、老人からしたら、

「今の若者は生きづらそうで大変だな。時代も閉塞感があるし」

と思っているかもしれません。

 

もっと極端なことを言うと、ドブ川に住んでいる魚を見るような目で

我々の現状を憐れんでいる人も、もしかしたらいるかもしれません。

 

でもそんなことはないんです。同時に今だからこそのチャンスがあるというのも事実です。

たとえいつの時代でも気づけないチャンスはそもそもありますしね。

 

・仮想通貨で億り人

・ICOで一撃!

・YouTuber

・ネットビジネス

・インスタグラマー

・アルファブロガー

・アルファツイッタラー

・好きなことで・・・生きていく!

・クラファンで生活費を稼ぐ

 

いやいや。面白い時代です。

多様性が増えて、生きやすくなった人も多いのではと思います。

 

時代は必ず、進んでいきます。良くも悪くも戻ることはありません。

そして時代や歴史は繰り返されると言いますが、

流行やブーム、時代性はたとえ繰り返されたとしても

それは当然のことながら、以前と全く同じものではありません。

 

少し形を変えて、前提を経て変化した形で現れ、

そしてただひたすら進んでいきます。

 

そんな変化の激しい時代を我々は一体どう生きればいいのか。正解が無い時代です。

もはや明確な答えや、分かりやすいステレオタイプな生き方が用意されていない、

既存の答えやシステムが崩壊されてしまった時代なんです。

大企業に勤めていれば安心とか、終身雇用とか、年功序列とか、学歴があれば大丈夫というようなものではないんですよね。

 

ではどうすればいいかというと、

今は選択肢がとても多いので、ベンチマーク先というのは必ず見つかると思うんです。

なんだか良さそうだな、楽しそうだな、と思う方向に向かうのも手です。

 

そこで結局必要になるのは”個人の力”になると思います。

外に出れば出るほど、人と関わればかかわるほど、それをひしひしと感じます。

 

看板をたとえ外して個人になったとしても自分は戦えるのか?

個人で、自分一人で通用するのか?そんなことは常に考えています。

 

最近はどういうわけか頼られることや関わった人からの口コミで仕事が増えるの本当に多くなってきました。

目利きの人からの依頼が多いという印象です。

自分は派手さはなく地味なんですが、わりと実直に決めたことは守るタイプなんで

非常に地味に口コミが広がっている感じです。

 

自分は不動産もやっているわけなんですが、不動産ってほぼ完全に縁なんですよ。

最近面白いと思ったのが初めてあった人なのに、なぜかそういう話になったんですね。

普通はならないと思います。自分が無意識に何かを発していて、相手も無意識に何かを発していたんだと思います。

 

そうでなければ説明がつきませんし、初対面でそんな話にならないですよね。

相手の方は優良物件を引っ越しによって手放すということになったんです。

それを聞いて、もうこっちとしては渡りに船なわけですよ。

 

「その話、詳しく聞かせてもらえませんか?」

 

これだけで話がまとまれば、今の段階でも資産が〇〇くらい増えますし、

不労所得の上積みが確定です。優良物件って、ネットにはほとんど出回らないんですよ本当に。

本当に良かったら優良顧客に流すか、不動産屋かその知り合いがそもそも買いますしね。

 

ということでなんの話だったかというと・・・

人の縁の話です。不思議なものです。

 

人生がもし仮に上手くいっていない場合、

今までの人との出会いも間違いなくうまくいっていません。

 

何かを教わった時になんだか良くわからない、ということがあったならば

それは教えている人が間違いなく悪いでしょう。

 

ファーストコンタクトとかって大事ですしね。

これからの評価経済社会こそ、人との関わりが重要になってくると思います。

 

まとまりにかけますが、

 

アメブロの読者が最近増えてるから見てみると・・・

いやーすっかり忘れてたんですよ、アメブロ。

アメプレスを設定してからずーーーっと放置してたんですね。

 

で、最近になってですね、WPのブログの方を更新し始めたわけです。

それに連動してアメブロの方も反応するので、アメブロの方もアクティブになってくるわけです。

いやあ、こうしてみると面白いですね。やはり初速は断然アメブロの方がアクセスがあります。

 

まあ、消されちゃうとどうしようもないですけれどもこういうのは良し悪しですからね。

一時期のアメブロブームみたいなものはとうに過ぎて、これからアメブロとか始める人とかは少ないでしょう・・・。

今始めるとしたらそうですね、Instagramなんかがいいんじゃないでしょうか。

 

こういうのは流行り廃りの話ではあるんですが、流れに乗っかるのも超大事。

落ち目のものをこれから時間費やす意味がないですからね。

残存者利益を追うのは玄人か、そこに居続ける人ができることです。これからの人がするものではありません。

 

この辺の見解としては、ブームや流れを見極めた上で、常に最新の情報を入れつつも、

古いものや新しいものということではなく本質的なものに取り組むのが鉄板です。

長期的なものに取り組むのは結果的に無駄がないですしね。

 

だから、物販で全然成果出なかった人が、最近Twitter始めて法人化したという話を聞いて

ヤバイなーと思いました。今更Twitterっていうのがまた凄いですし、Twitter1本で法人化とかイケイケだなーと思います。

Twitterって・・・。ま、只者ではないですしなんとかなるでしょう。

 

話は超それましたが、アメブロの読者がついた、という通知が結構くるわけですよ。

おおーーーやっぱ続けてると少なからず反応があって素晴らしい!

こういう反応があるっていうこと自体が良いことだな、

 

と思いながら読者のブログを見てみると・・・

その読者が超どうしようもないブログだったりするんですよね。

これは完全にツールでしょう、というような。

 

昔アメブロにがっつり取り組んでた時に、ツールでガンガン増やしてたんですが

ツール使い同士がお互いに相互リンクしてるだけで意味ないんじゃないか、と思った時がありました。

自分もツールで相手の読者になって、相手もツールで自分の読者になるという。

お互いがお互いをそもそも見ていないというやつです。

 

意味ないなんてことはないですし、一応相手のブログに表示されたりして

入口が増えると言えば増えます。

 

途中から一気にツール使いが多くなってブームの終焉を予感したものです。

ツールが一般に出回る時点で・・・みたいなのもありますし

常に新鮮なモノを新鮮な時期に取り入れる重要性、というものを知りました。

 

こういう、その時代時代特有の新しいものって、必ずしも全部取り組む必要はないと思うんです。

 

新しいものには爆発力がありますし一撃があります。先行者利益があります。

その分、やはり無駄になるリスクもありますよね。

 

じっくりと長期で取り組めるものや本質的なものに

トレンドを載せていくと爆発要素が上がりますし

興味のないジャンルや苦手ジャンルに参入するなら、周りの盛り上がりを見てから

参入して後から蹴散らす方が効率はすごく良いですよね。

 

これはどちらかというと強者の戦略ではありますが。

心に灯をともす名言集1~偉人偏MIX~

心に灯をともすものは、どんなものがあるでしょうか。

 

・人との出会い

・本

etc…

 

最近では動画や画像等も色々ありますので、媒体も選び放題です。

 

そんな中でもここは敢えて、独自にセレクトした名言を淡々と貼っていこうと思います。

言葉のチカラというのは強いです。

これから紹介する名言達は、今まで気になって好きで集めていたものを公開していきます。

こういうのって一個あるだけでも不思議と元気になるんですよね。たまに読み返したり勇気をもらったりしています。

 

気に入ったものはご自分で再度集め直したり、スマホのメモ帳なんかにまとめてみるのもいいですね。

それではいってみましょう。

源泉にたどり着くには流れに逆らって泳がなければならない。流れに乗って下っていくのはゴミだけだ

 

憧れとは、人の内に秘められた力を知らせるものである。人がいずれ操ることができるようになる能力の予兆なのである。

ヨハン ・ウォルフガング・フォン・ゲーテ

 

君の理想もまだ君の限界ではない。
君の力は、君が自分で思うよりも大きく、
君は、まだまだ遠くへ達することができるのだ。
君の憧れよりも、さらに遠くへ達する力を君は秘めている。

フリードリヒ・ニーチェ

 

どこに行こうとしているのかわかっていなければ、どの道を通ってもどこにも行けない

 

選んではならぬ。
1つの立場を選んではならぬ。
1つの思想を選んではならぬ。
選べば、君は、その視座からしか、人生を眺められなくなる

アンドレ・ジッド (1869-1951)フランスの小説家

 

何か解決すべき難問を抱えていたら、まず歩く

デイビッド・クンツ

 

急いで行こうと思ったら、古い道を行け
タイのことわざ

 

あなたが正しいとき、過激になりすぎてはいけない。あなたが間違っているとき、保守的になりすぎてはいけない

キング牧師

 

事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。

フリードリヒ・ニーチェ

 

人間は自分が見たいと思うものしか見ない。

ユリウス・カエサル

 

他人と比較してものを考えるのは、致命的な習慣である

バートランド・ラッセル

 

われわれの人生とは、われわれの思考が作り上げるものに他ならない

マルクス・アウレリウス

 

恐怖は常に無知から生じる

エマーソン

 

知識に投資することは常に最大の利益をもたらす

ベンジャミン・フランクリン

 

反論し論破するために読むな。信じて丸呑みするためにも読むな。話題や論題を見つけるためにも読むな。しかし、熟考し熟慮するために読むが良い。

フランシス・ベーコン

 

本というものは、わずか数行でも役に立つのならばその値打ちのあるものだ。

津田左右吉

 

勇気とは窮しても品位を失わないことだ。

アーネスト・ヘミングウェイ

 

自分は大した人間ではないと思うな。そんなことは決して考えるな。他人からそんなものと思われてしまう。

アンソニー・トロロープ

 

現在の能力で、できる、できないを判断してしまっては新しいことや困難なことはいつまでたっても成し遂げられません。

稲盛和夫

 

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない

アーネスト・ヘミングウェイ

 

希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことよりよいことだ

スティーブンソン

 

落ち目の人の逆を行け これはギャンブルの鉄則だ

阿佐田哲也

 

賭けない男たち、というのは魅力のない男たちである。彼らは常に選ぶことを恐れる。そして賭けないことを美徳と考え、他人並みに生きることを幸福と考える

寺山修司

 

人は死の間際になって初めて、本気で生きてこなかったことに気づく。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

 

あなたがそうなっている姿は、かつてあなたがそうなるように、考え願った事の結果である

哲学者エマーソン

 

あなたは今 、岐路に立っている 。これからのわずかな時間で、人生の中でとりわけ重要な決定を下すことになる 。
「人生の法則 」を学んで人生戦略に織り込み 、目的を持って生きはじめるか 。あるいは 、ポケットに手を突っ込んで人生を静観し 、
手に入るものをつかみ 、手に入らなかったものについて不満を言い続けるか

 

私にとって唯一の失敗とは、試みなかったこと、夢を見なかったこと、挑戦しなかったことです。
真のリスクはリスクのない生活にひそんでいます。

トーマス・J・ピーターズ

 

君がなりうる最高の君になれ

 

如何でしたでしょうか。

ハッとするようなもの、気に入ったもの等はありましたでしょうか。

人によってどんな言葉が自分に刺さるのかというのは自分にしかわかりません。

 

しかし長い時間を経て淘汰されてき、未だ現代でも残っている偉人の言葉というのは

やはり重みが違いますし時代を超えた珠玉の金言です。良いものは繰り返し見て生活の中に取り入れていきたいですね。

 

このほかにも、金言や名言等をピックアップしてジャンル別に掲載し

充実させていこうと思います。