カテゴリー別アーカイブ: コラム(メルマガ)

ネット上に自動販売機を置くだなんてそんなウマい話が・・・

いやーしかし酷いタイトルですね。

メルマガでは良く酷いタイトルで送るんですが

ブログだと良く有りません。それに着地点は一体どこになるんでしょうか。

 

と言いつつ、ある時気づいてしまったんです。

タイトルとはあんまり関係ないんですが

のらりくらりとしているうちに、意外と某業界歴が長くなっているということに、です。

 

でもこれはいわゆる、スノボ歴、みたいなもので

時間だけが経っている場合も含まれてしまいます。

 

※スノボって基本ワンシーズンなんで残酷ですよね。

スノボ歴10年!とかいっても10回とか、下手したら数かいとかスノボ行ったことない人とかもいるでしょう。

ペーパードライバーみたいなもので、時間だけ経っててもしょうがないですよね

 

ちなみに私が初めて買った教材というのは、

スノボをしながらでもメール一通でウン十万円稼ぐ・・・

といったタイプのやつでした。あれは衝撃的だったなあ。

 

ノウハウは全然ピンとこなかったし実践しなかったんですけれども、

そんな世界というのに衝撃を受けたのも事実です。

 

この業界であるとかネットビジネスにひかれたのは、

自動で収入が上がるということでした。

ネット上に自動販売機を設置して、何もせずとも収益が上がるという。

 

もちろんスキルも知識も情報もない状態でその仕組みを構築するというのは

ほぼ不可能に近いわけです。なかなか難しいでしょう。

ですが今はもはや、中堅くらいの業界歴。

 

PPCを一通り、ガチガチのSEOサイトアフィリで収益を上げ、物販も行い、

アドセンスやYouTubeその他、コンテンツ販売、メルマガ、あらゆることを一通りはやってきてかつ、

実際に利益をだしてきました。いい加減仕組みを作らなければいけません。

 

その中で思ったことは、

全然仕組み化してなくて、積みあがらず、労働集約型の収入であった、ということです。

自分が休むと途端に収益が右肩下がりになってしまいます。働き続けなければいけません。

 

いや、それでもいいと思うんです。働きたくないと言っているわけではないんです。

そういう時期があっても良い、と個人的には思います。

全ては無駄にならないわけですし、そもそも時給感覚で取り組んでるわけではないですからね。

 

しかしながら、特に思っていたのがSEOでのサイトアフィリエイト。

爆発的に稼いでいた時期が続くかと思いきや、

やはりメンテナンスとかサボってるとじりじり下がっていくわけです。

当たり前ですが。

 

これじゃあ収益が積み上がっていかないよなあ、と。

けっこう不安定ですしね。

季節要因のない安定した商材を選んでも、安定なんてないです。

 

それは変動するものに仕組みのコアの部分を握られているからです。

そこに気づいてから、それを上回る気力と根気は残ってなかったんで

サイトを新規で作り続けることはやめました。量産も不毛ですし、その先に進むことはありませんでした。

 

まあもっと言うと、どこで稼いでいても真の安定というのは無さそうです。

YouTubeのアドセンスもかなり安定的に稼がせてもらいましたが

今後どうなるかなんてわからないわけですし、

 

SEOのサイト系で月に数百万円稼いでいる人でも

次の月になって報酬がリセットされて表示がゼロになった瞬間にいつも不安になるし

いつ稼げなくなるかビクビクしていると言います。

 

安定なんて言うのは、無い。

 

現状、放置で収入を上げる仕組みを作ったわけですが・・・

ま~これに依存して手を止めてしまってはダメなわけなんです。

ひとまず今の300%くらいは拡大できそうなんで

ガチガチにこの辺を固めていきつつ、手を緩めない様にしようと思います。

 

こういうことを書くと、ポジションによって

プラットフォームがなんだとかスキルがなんだとかそういう話が出てくるんですが

やはり、何度でも再現できるというのが資産だと思います。

 

だから私は結構スキルにこだわっていたりします。

スキルというのは誰も奪えない。

 

自分の脳内のものも、誰にも奪うことはできません。

そんなことを考えつつ、今日も自動販売機をコツコツと作っているわけなのです。

コツコツ、ドカン。コツコツ、ドカン。

 

ネットには自動販売機が無数にある、

という視点で眺めてみてください。

 

本当の意味で理解するためにはいつまでも買い手や受け手じゃなくて、

一歩踏み出して、売り手になる必要がありますけれどもね。

弱者だからこそ情報を発信することにした

情報発信、ってなんだかこのinfo界隈の業界においては

究極系のような、ある種の到達点のような呼ばれ方をして

 

神格化されてるようなきらいがあるんですが全然そんなことは無いと思います。

生きていて情報を発していない人なんているんだろうか・・・?

 

そんなことを思ってしまいますしせどりだって、サイトアフィリエイターだって

情報発信をしているでしょ、と思います。

 

とはいえ、そういう意味ではないということも当然理解しています。

情報発信単体で収益を上げている人っていずれかのパターンなんですよね。

 

・キラキラしている

・イケイケでオラついている

・ステキさがあってかしこい

 

やはり情報発信している人ってなんだかステキな要素があります。

例えが悪いのでその方面の人から怒られたり嫌われたりするかもしれないんですけど

物販で稼いでいる人とかと比べて、やはり発信で稼いでいる人ってステキで面白い人が多いです。

 

これは比率の問題であって、もちろん例外はあるんですが往々にしてそうです。

まあ物販とかせどりって地味ですしね。

 

あんまり頭使わなくてもある程度までは体力とかパワープレイで行けたりしますし。

かくいう私も超地味なサイトアフィリエイトで収益を上げてきた輩です。

 

サイトアフィリエイトは特殊技能のような分野なのでどうしても思考がたこつぼ的になったり、

頭がガチガチになる人が多いです。飲み会に出てもSEOと案件の話ばかりで、クソつまらないですしね。

 

サイトでめっちゃ稼いでる人は、超キレキレか地頭がいいか地味な作業を継続できる剛の者です。

女性も案外向いてます。それでタイトルの件、情報発信を何で始めようと思ったかというと、

ここはかなり長くなるのですが・・・当然、メリットがあるからです。

 

 

これはいくつかありますが、大きく3つだと思っています。

それは

 

・発信をし続けることで実は自分が一番パワーアップする

・発信に共感し共通の目的を持った仲間ができる(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

・発信することで、更に情報が入って好循環状態に入れる

 

 

この3つは大きいです。

ひとつひとつ掘り下げてみると、

 

 

・発信をし続けることで実は自分が一番パワーアップする

 

これは本当にそうだと思います。

これは精神論とかではありません。効果的な学習の過程からも明らかだったりする話です。

 

 

インプットのあとにすぐアウトプットを行うことで

学習効率が上がるのはもちろんですが、それを発信者は意識的に行うことができます。

アウトプットをするためにインプットするようなものですね。逆に言うとアウトプットなしでは劇的に学習効率は落ちます。

 

 

教える前提、アウトプットする前提で知識を得るから効率が上がり、

さらに実際にアウトプットすることでより理解を深くします。

 

 

情報発信はすればするほど発信者はパワーアップしていくことになります。

にも関わらず、情報の受け手や読者さんからは感謝されたりするわけです。

自身の成長と他社貢献と感謝がセットである、ということです。こんな良いことってないですよね・・・。

 

 

・発信に共感し共通の目的を持った仲間ができる(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

 

仲間という言い方が適切かわかりませんが、

情報発信者のもとには人が集まることになります。

 

 

そしてそれは発信する情報によります。

自分の思いを適切に発信できれば、

その思いに沿った人達が集まることになります。

 

 

神田昌典氏の本の中でも、実店舗なんかで

クライアントが「客層が良くない」いう愚痴をこぼしていて、

実際にチラシやDMを見てみたら・・・

無料のものばかりを推していたり、激安をアピールしていた、というような話があります。

 

 

発信する情報によって集まる人たちは変わるので

自分の思いに沿った仲間を集めたいなら

自分の思いを前面に出していかないといけません。

でもそこに共感してくれたり、

共通の認識や目的を持った人達と時間や知識や情報を共有できるって

なんだか不思議で面白いですよね。

 

 

・発信することで、更に情報が入ってくる

 

これは本当にそうなんですが

情報発信者のもとにはさらに情報が集まってきます。

これが一番のメリットかもしれません。

 

 

これはけっこう不思議なんですが、

どう考えても発信者である自分よりも上の人が登場したり

自分の知らないことを知っている人が多かったりします。

この集合知を束ねることができるのが情報発信者なのです。

 

 

そしてそんな仲間が増えていって

知識や情報を相互にフィードバックしていったら・・・

とてもすごいことになります。

 

 

情報発信は、一昔前までは一部の人や特権階級にしか許されていませんでした。

勿論、情報爆発時代の現代は違います。

情報発信はすればするほど情報が集まり、仲間も集まり、パワーアップしていくので、

実は弱者こそ発信するべきだと思います。

今はインフラが整っているので誰でも情報発信できますし、総発信者時代です。

これは逆を返すと、どこかで発信をしないとどんどん格差が開いていく

という意味でもあると思います。現にそうなってますよね。

 

 

そんなわけで危機感を感じつつ、

パワーアップを図りつつ

仲間を集めつつ

情報や知識を集めつつ

 

 

私は弱者であるので情報発信をすることにしたわけでした。

自分よりも凄い人や面白い人を集めつつ、その人の問題をWEBマーケティングの観点から解決しながら、

何か面白いことができたら・・・そう画策しているのであります。

まぐまぐニュースから気づきを得た話(short ver.)

まぐまぐニュースってご存知ですか?まぐまぐはたぶんご存知だと思います。

 

メルマガのまぐまぐですね。

で、まぐまぐニュースももしかしたらご存知かもしれない。メールで届きますしね。

でもまぐまぐニュースの面白さに気づいている人はなかなかいないのでは?

と思ってこうしてカタカタと文字を打っているわけであります。

かく言う自分もですね、

最近気づいたんですよ、まぐまぐニュースの面白さってやつに。

最近はまとめとかキュレーションとかバイラルメディアって多いじゃないですか。

ニュースアプリやまとめサイトなどいろいろチェックしてるわけなんですが

意外な盲点!まぐまぐニュースが結構おもしろいんですよ。

結構面白いにもかかわらず、

 

あまりソーシャルでシェアされていないのが

面白いところなんですが・・・

今回、記事の中でぐぐぐっと刺さった箇所があったんですよ。

記事置いときますね

http://www.mag2.com/p/news/122344/2

それは、ノーベル賞受賞者の前職、といった話からだったんですけれども

前職は夜間学校の教員だったみたいなんですね。

で、夜間学校の生徒というのは昼間働いてクタクタになってから学校に来るわけです。

それに未来のノーベル賞受賞者であるこの方は感銘を受けるわけです。

生徒が頑張っているのに、自分も何かもっとできるのではないか?

そうして一念発起してノーベル賞を受賞し、

2億円もの金額を故郷に寄付したりしてるそうな。。。

いやいやフツーに良い話ですよね。

これも本当にいいニュースです。

思いついてもなかなかできることじゃないですよね。

でもまあ、ここからが本題であって。

本題は編集後記の著者の話です。著者も教育者ということで、この話を聞いて回想します。

教員だった頃に感銘を受けた言葉があったそうなんですね。

それは校長先生の言葉で

「無能な教師は、教科書を使わなければ授業ができない。有能な教師は、生徒から学ぶ。」

というものだったそうです。で、それを実践したと。

実践するにつけ、そんなのは当たり前だと思ったらしいんですね。

生徒というものは学ぶに値するものだと。さらには本当に優秀な、優等生というものがいて、

彼らから学ぶものは本当に多かったようです。

この優等生の5カ条というのがあるのでチェックしてみてください。

特に気になったのは5番目の一文。

5.「自分以外のすべての人が、自分より優れている」という前提で行動するので、出会う人すべてから何かを学ぼうとする

ヤバイですよね。これを見て思ったのが、我以外皆師、というもの。

他者は自分よりも優れている、と。他者を自分を磨く石、とする発想です。

シャラポワが格下の選手に自分の悪いところを訊ねるというくだりもステキでした。

うん、自分もまだまだですね〜〜

誰からも、何からも学ぶことができれば超・効率がいいですし成長スピードが違いますからね。

全ての人・モノ・出来事から学ぶ、ということを意識してガンガンいきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

カマスの話と船の話が好き

カマスの話が好きです。

この手の話は意外と良くあるんですが、なぜか自分の心を捉えて離さないのです。

 

私が最初に聞いたのは確か研修か何かで

どこかのえらいひとが話していたというのが最初でした。

 

このカマスの話には似たような話があって、

1stペンギンとか、さるとか、ノミとか、メダカとか、

あとはゆでガエル・・・は少し違いますが

とにかく同じような話があるんですけれども、

カマスの話が妙に刺さったんですね。

 

魚だからかもしれません。

魚じゃないとここまで刺さらなかったかもしれないです。

 

カマスの話というものを説明しておくと、

 

まず水槽とカマスを用意します。

この水槽に、透明な仕切り板を真ん中に入れ、水槽を2つに分けます。

 

片方にカマスを入れて、もう片方にエサを入れます。

そうすると、カマスはエサを食べようとして

チャレンジし、真ん中の仕切り板のガラスにぶつかります。

 

このガラスにぶつかるっていうのは魚にとって結構な衝撃らしく、

水族館の魚は、ガラスにぶつかって死んでしまうこともよくあるそうなんですが

とにかくエサを求めてカマスはガラスにぶつかるんですね。

 

でも、当然仕切りがあるのでエサを取ることができないわけです。

で、カマスはどうなるかというと、

何回かぶつかると、エサを取ることを諦めてしまいます。

 

これは不思議なんですが、

透明の仕切り版を外して、エサを取れるようにしたとしても

カマスはもう、エサに飛びつくことはなくなるんですね。

 

負の学習をし、エサはもう取れないと思い込み、

エサが取れる様になっても、諦めてしまうんです。

何回か挑戦してダメだった記憶から2度とエサのある向こう側を目指すことは無くなってしまうのです。

 

それで、ここからが本題です。

このカマスにもう一度エサを取らせるにはどうしたらいいかということなんですが、

どうしたらいいでしょう。他の話を知っている方なら想像がついていると思います。これがとても簡単なんです。

 

それは何かというと、水槽に新しいカマスを入れるだけです。

 

新しいカマスは、水槽に入った途端、

エサを見つけて飛びつきます。

 

この様子を見て、

諦めてしまったカマスも我に返ります。

「アイツができたのなら、オレにもできる!」と思い

またエサを取りに行くようになる、ということです。

 

 

・・・。

 

 

いやーいい話でしたね。

この話好きなんですよ。

 

 

この話を聞いたときに、

成果を出す人と成果が出ない人はその場の環境やコミュニティに原因があるのでは?

ということを思ったわけです。

そしてその差は新しいカマスが出てくるかどうか、仲間がいるかどうかという気がするんです。

 

よく、カールルイス以前・以後で陸上記録が劇的に変わった

みたいな話もありますが、

あれもカールルイスは新しいカマスだったわけです。

 

人類は100mを9秒台で走ることは無理だと言われていた。

それをカール・ルイスが破った。

 

それを見て、あるいはそれを見ただけで確信し、

他の競技者(古いカマス)たちも

「オレもできる!」と思い、実際に9秒台を出していったのです。

 

これってやはりどこにもこういう話ってあるんですよね。

確信を得るということがいかに大事かという話です。

 

コミュニティでも成果を出す人が多いところって、

新しいカマスが必ずいるんですね。

やっぱりみんながバンバン成果を出せるには

新しいカマスの存在が不可欠だと思うんです。

 

ネットで稼ぐのもそうじゃないですか。

昔は情報こそまるでなかったけれども、

今では情報があふれていて、逆に溢れすぎてる感はありますが

それこそ稼いでいる人の情報なんてたくさん出てきます。

 

それに、一人で稼げる金額とかもアッパーがあったように思います。

月に100万円も稼げればスーパーアフィリエイターみたいな雰囲気が過去にありましたが、

今ではそんなことはありません。

 

月収数百万円、あるいは数千万円稼ぐ人が出てきて、

どんどん基準値とインフレが上がっているわけです。

 

と同時に、後に続く人もどんどん確信を得て増えていきます。

 

なので、周りを見渡しても分かるように、

自分にも、そしてあなたにもチャンスはある。

 

幸せの境界線、

という話がまことしやかにあって、

これは稼ぐ金額が一定数を超えてしまうと

あとは幸福度がそんなに変わらないという話なのですが

 

それ以上が変わらないのであれば

やはりそこまでは稼ぐ必要があると思っています。

 

今の自分ぐらいの収入が、

なんとなくダレるようなラインだと思うんですが、

停滞=ゆるやかに死んでいることと同じ

であり、現状維持は右肩下がりする一方です。

 

ちなみに

幸せの境界線の収入はどのくらいかというと、

年収3000万円だそうです。

 

月換算では250万円。

 

今年中にいけない数字ではないですね、

全然イケます。

 

なぜなら同ジャンル・同手法において、

先人のカマス達がたくさんいるからですね。

 

月1000万円のストック報酬を目指すなら、

あと3年かかってできるかどうか、みたいな気配がしますが

その4分の一の250万円であれば・・・

 

本気でやって今年1年でいけますね!

 

よし、やりましょう!

他のカマスにできて自分にできないことはない。

特にこのネットビジネスにおいては。

 

ステキなYouTubeチャンネルのコンセプトもできましたし、

コンテンツと動画を作って有益な発信と価値提供で

報酬を積み上げたいと思います。

 

これができれば、

また一段高いところに進めるような、

そんな気がしています。

 

P.S

カマスの話ばかりして船の話しませんでしたが、

船の話もなかなか素敵ちっくな話なのです。

 

船の話もいずれどこかでしたいと思います

【生存戦略】誰かを救い続けて生きていく

こんにちは、ISOYAです。

我々がいる業界というのは
なかなか特殊です。
特殊技能を要する超狭い世界です。

たこつぼの中にいる
専門家がドヤり出したり
ぽっと出のたまたま
上手くいった輩が

長期経営ビジョンを語るような
魑魅魍魎が跳梁跋扈する
ダークワールドです。

そんな中で、
繰り返されるテーマの一つに

『今、全くのゼロだったら何に取り組むか?』

というものがあります。

もはや古典のようなタイトルであり、

手垢もつきまくっているものであり、

もし仮に、私がジャックバウワーで
そのタイトルを見つけ、
そしてシーズン2の第1話であったなら
『Shit!全くつかえねぇ奴だ!』

と敵の足の骨を折っていることでしょう。
※唐突かつ意味は無い

さて、そんないわくつきなものですが
この質問って結構面白くて
古典だけあって示唆に富んでいます。
これは、

その時のトレンドだったり、
その人の背景だったり、
変わらぬ本質のようなものが
見え隠れする質問だったりするのです。

サイト屋の人は
サイトを作り

PPCの人はPPC、
物販の人は物販、
YouTubeは・・・今は厳しいですが

基本的にはその専門の人は
得意なその専門を使って再現しようとします。

でも、YouTubeの例にあるように
プラットフォーム依存型の場合は
どうしても参入時期というものが出てきます。

時代と市場の流れにだけは
逆らうことができません。

そんな中で、
ISOYAが全くのゼロになり

※まあ、YouTubeがゼロになったり
色々何かがゼロベースになることが
私には良くあるんですが・・・

資金も当然無く、
リストも無く、
知識と技術だけはある。

そんな状態の中で
2018年の初めに放り出されたとしたら
一体何をするか?

ということで考えてみました。

ある種の思考実験であり
お題への回答のようなものですね。

というわけで何をするかというと・・・

まずクラウドファンディングをします。
この企画を考えて生活費を稼ぎます。

月額課金が理想ですが、
ひとまず単発でも構いません。

少額のクラウドファンディングを
プラットフォームと企画を分けて
行います。

そしてそれとは別に。

起業家向けに
お金を取ることを考えます。

完全成果報酬の50:50で

セールスレターを書き、
プロモーションをするから
商品を売らせてくれ!

とオファーします。
相手のリソースを借りる形です。

この時、可能であれば
顧客リストも手に入るようにします。

これだったら・・・
基本的に向こうにはリスクが
無いはずです。

初めはリストホルダーを対象に
ハウスリストで売って、
売り上げが出てきたら

こちらで広告費を使って集客する
選択肢も出てくるので
オファーに幅が出ます。

あとはそうですね・・・

コミュニティに潜入して
ゲリラ戦を展開する、
というのもありますが基本は
こんな感じになると思います。

これが一番早いし、
売り上げも経つし、
顧客リストも手に入ります。

それと並行して、
クラウドソーシングでも
請負の仕事をするかもしれません。

クラウドソーシングは案件がアレな場合が
多いので見極めが大事ですが
時間単価と基準を明確にしておけば
ヘタを打つことは少ないです。
基本的には搾取されますからね。

こんな感じですかね。

あるいは、さらに即金を意識するなら
ゴミを回収して売ると思います。

時期次第ですが、
異動シーズンの秋と春に
企業や大学の廃品を狙うか

ファミリーセールに潜入して
片っ端から買っていくと思います。

※なりふり構わず

こういうふうにセーフティラインを
いくつか考えておくと
結構いいですよね。

人にもよりますが
実際、月に20万もあれば
最低限生活できたりします。

ここを確保したら、
あとの収益の伸ばし方というのは
誰かを救ったり、誰かの売り上げを伸ばす
という形で共存していく方が良いのでは?

などと最近は思っていたりもします。

やはり教えていて思いますが、
成長してもらったり
稼いでもらわないと
離れていきますからね。当然ですが。

私は教祖ビジネスをしてるわけじゃないんで

目に見える形でメリットを
与えなければダメだと思っています。

というわけで
ISOYA生存戦略【2018】は終了です。

追い込まれてなりふり構わなくなってからが
正念場ですからね。

改悪をしたYouTubeの
キャッチコピー
”好きなことで、生きていく”
に対抗して、

”ゴミを売って、生きていく”

というキャッチコピーも
アリかもしれません。

FIN