生涯賃金2億円を捨てて安定的に2億稼ぐスキームを生み出した話

そもそも・・・

生涯賃金っていくらなんでしょうか?

 

サラリーマンの場合は生涯賃金2億円と言われています。

3億円は優良企業ですね。

 

40年近くを差し出して、やっとこさ2億円。

人生と時間の対価としては、全然大した金額ではないわけです。

で、本題としてはですね。

 

その生涯賃金である、2億円を捨てました。

こう言うとなんか格好いいわけですが自分の話ではないわけで。

相方が仕事を辞めたとので2億円を捨てた、ということです。

 

こういうのって厳密に考えれば、子供を預けている費用とか出費だったり

それぞれの立場でコストを考えて比較しないと意味ないわけなんですけど

要は働かない、2億を捨てることを選んだわけです。

 

いつだったかNEWSPICSで、

「女性は簡単に仕事を辞めすぎる。それは2億円を捨てていることと同じだ。

宝くじは捨てないのに、仕事は何でこうもあっさり捨てるのか」

 

みたいなことを書いていて、何だこの記事はと思いましたね。

宝くじなんかと一緒にされちゃあな・・・。

そして誰をターゲットにして書いてるんだろう、と。

 

まあNEWSPICSを読む層と言うだけである程度絞られますし

今回の記事は共働きの男性に向けて書いたものなのかもしれません。

 

確かに2億円を捨てることになりましたが、

まあ、メリットというのはあるわけで。。。

 

普通は働きに出ます。

正社員じゃないにしてもパートとか、アルバイトとか、ですね。

 

でも実はこのパート、アルバイトという選択肢は一番なかったりします。

なぜなら時給がめっちゃ安いからです。

 

ネットの利益率考えたら・・・月10万円とかはすぐできるじゃないですか。

それと比べたらお金の為だけにバイトする理由なんてないんですよね、

はっきりいって。

 

会社とか仕事は別です。もしかしたらやりがいとかあるかもしれませんし。

でもウチの場合はそうではなかった。

研究が好きだったけれども、会社は向いてなかったのです。

 

それに家にいたりするのが苦じゃなくマイペースが一番、というタイプだったので

意外と性に合っていたということもあります。

 

まあ、こんなことは周りのママ友なんかには敢えて言わないというか

絶対に言えないわけで・・・汗

 

でもって、ただ働かせないとか、2億を捨てたわけではもちろんないんです。

そこが勿論ポイントでして。

通算で2億を稼ぐスキームを構築したという話なわけです。

 

月40万円×12ヶ月=480万円

480万円×40年=19,200万円

 

ちょっと2億円に足りないわけなんですが、

仕組み化というのは要は増やしてなんぼですんで

現状、月に40万円程度ということであればもうちょっと増やせるでしょう。

 

数十年も同じというのは考えにくいですが

その分、スキルも何もかも力がついているので心配はないでしょう。

むしろ今年中に〇倍にしようとしています。

 

というわけで2億を捨ててもいいという判断をしたわけです。

時間の方を取ったわけですね。

この選択をしなかったらたぶん、ずっと一生後悔するとその時思ったんです。

ここまで思うことはそう多くありません。

 

本来としては早く仕組みを構築・量産して

悠々自適ちっくな、エセノマド的な生活をと思ったんですがまだまだです。

上を見れば本当にキリがない。昨日の自分と比較して直近で頑張るしかありません。

 

仕事好きなんで、仕事したくないわけじゃないんですけどね。

ただ、やりたいことをやるためにはいつまでも時間を切り売りしていては

いけないと思うのです。せっかくネットでやっているというのに

旨味を生かさないとか完全に意味がないですからね。

 

その過程も楽しみにしつつ、

じっくり構築を進めているということであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です