最強のルーティン=成功回避不可能

こんにちは、ISOYAです。

年初ということで
最強のルーティンを、
綿密に作り始めました。

昨年の初めから
習慣化をテーマに
掲げていたのですが、

その達成率はと言うと
あまり芳しくはありません。

もちろんゼロではないのですが
ルーティンや新しい習慣は
一度に一つしかできないんです。

いろいろ詰め込もうと
しすぎたこともあってか、

当初の目標のおよそ
6割くらいに落ち着きました。

6割と言うと
よさそうに聞こえますが
これでは全然ダメです。

一体、実践に向けて
何がネックだったのか?

どうして達成することが
出来なかったのか?
というと

これは、綿密な計画と準備が
無かったからなのです。

・分刻みの毎日のスケジュール

・それを達成するための細かい準備

・達成できなかった場合のプランB,プランCの用意

この辺が少し弱かったな、
と感じています。

自分自身最高の状態の時
というのはやはり、

目標がセットされて、
それを意地でも達成する
と深くコミットした時です。

それ以外のことは、
究極的には不要だし
関係ないと思っています。

著しく
ワークライフバランス(笑)を
崩すということはやむなし、

いやむしろ崩さないと
現状打破、一点突破できません。

ただ、一点突破する為には
追い込まれる必要があり
集中する必要があります。

現状追い込まれていない場合には
擬似的に自分を敢えて追い込むか

そうでないならば
強力な力を使わなければいけません。

例えば
・時間による複利の力
・習慣化の力

上記を使わなければいけませんし
毎日、調整を繰り返しながら

その灯を絶やさないように
しなければいけません。

というわけで、
ルーティンの中でも
一番重要な

目標の確認、
予定計画表との日々のズレ
毎日のToDoというものについて

朝に組み込むことにしました。

正直、こここそが
センターピンだと思っています。

もちろん、ネティポットとか
レモン水とか運動も大事です。

ですが、

一番大事なのは
目標のセットと、予定計画を
日々確認することです。

そしてそれを数字で管理すること。

大事なことほど
なぜか忘れてしまうので

時間に組み込んで、
強制的にその機会を
与えることが重要です。

まだまだ新年のこのタイミング、
目標を落とし込むために
綿密なスケジュールを立ててみては
如何でしょうか。

そして実行可能な
綿密なスケジュールを立て、
日々確認しては如何でしょうか。

(なんか今日は真面目で面白くないな。
真面目な事もいえるんですよ・・・。)

当たり前のこととか正論とか
地味で面白くないんですよね。

でも大事なことなんで
たまには・・・

ということ言いました。

年始や年末だけじゃなく、
そういう大事なことに時間を使っても
良いと思うんですよね。

それではまた!

P.S

昨日の配信で、身内から
メールに誤字があったよ!

と言われました。

正:1000万再生
誤:10000万再生

鬼の首を取ったように言われましたが
まったくわかってないぜ。。。

これは超速で書いてるってことを
理解してないな。

誤字があっても、
意味の繋がらない文章があっても

早く書いてるし
ISOYAだからしょうがない
と思って頂けるとこれ幸いであります。

なんか文字の出力スピードに
タイピングが追いついてない気がしてきた、
最近。

習うものでもないけど、
これ以上早くするとなると
きちんと習おうかなと思ったり。

まあ、変な癖がついているんで
時間かかりそうなんだけれども
完璧なブラインドタッチしたいですね。

結構、我流が多いんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です