新・動画量産体制の完了と一撃1000万のアイデア

こんにちは、ISOYAです。

真面目に取り組めば取り組むほど
時間をかければかけるほど

ある時ふと視界が開けたり、
抜け道的なものが見えてきます。

一般的にはずらし、
と呼ばれるものかもしれません。

YouTubeは完全に見えましたし
見通しができました。

新チャンネルは
アイデア一発勝負のわりに再現性が高く、
横展開できるものが非常に多いです。

これもリサーチの賜物。

これで、ただ単に
動画だけ見てるわけじゃない
ことをようやく証明できました汗。

再生回数が増えると、
目立ってパクられるんですが

パクられるほど
チャンネルが目立つように
していきたい、

と思いますし
多少の障壁は作ろうと思っています。

パクられて手法に
新鮮味が無くなる前に

1000万程度はサクッと稼ぎ切ると思います。

少し前からそうですが、一部では
もはやパクリ合戦みたいになってますからね。

エイレーンのYouTube動画を
ニコニコ動画に転載したものを
さらにYouTubeにあげてる人とかいますから。

転載の転載とか
なかなかの香ばしさです。

YTMの手法をしていた時も
動画タイトルを考えたり、

調べてつけていたのを
まるっとパクられたりしてましたからね。

まあでもこういうのは、
ある程度しょうがないなと思うわけです。

容認してるわけじゃないですが
相手にするコストを考えたら無駄なんで。

それと、やるかやらないかとか
良い悪いは別にして

YouTubeの歪とか
抜け道も見えてきました。

外国の迷惑系YouTuberが出てきた時に
その問題が浮き彫りになりましたね。

あれは、
「あの外人、日本をバカにしてる!ムキー!」

とかそういう
話ではないのです。

ですが
もうスキマを突くことは
YouTubeではしないでしょう。

YouTubeの望む方向で真っ向勝負していきます。

・外注による量産体制を敷いたもの(趣味系1)

・横展開が無限に近いもの(趣味系2)

・媒体構築用、見せるためのモノ(趣味系3)

上記をじっくり作っていきます。
真ん中は一気に作っていきますね。

一度に大量には作れないんですが、
結局YouTubeもアドセンスですので

高いレベルで安定するなら、
一定の数が必須なんですよ。

1000万再生到達の為には
やはりある程度の数を作る必要があります。

上記も媒体構築なので、
今年はブログやInstagramや新コンテンツや
新・ステップメール等

大規模構築の一年になりそうですね。

YouTubeの望む方向というのは
目に見えている部分からも
わかることが多いですし

動画の上がりやすさからも分かることが多いです。

※コメントの盛り上がり→再生回数増に影響する仕組みとか

YouTubeは当初、
テレビを駆逐する!
と言って始まりましたが

もはやライバルは
テレビではありません。

NETFLIXに一定数
流れてしまっているので
バチバチの戦いになりますし

同様の定額放題サービスを
かなりライバル視しています。

それを知ってか知らずか、
YouTubeのトップページの広告には今、
NETFLIXのキラーコンテンツである話題作、

新生デビルマン”DEVILMAN cry baby”

を引っ提げて、NETFLIXがバシバシ
広告を出しています。

プラットフォーム同士の闘いは
直接関係ないのですが
動きは気にしています。

まあ、気にしつつ
一個人はやれることをやるだけですね。

ということで今年”も”
面白い年になりそうです。

ではでは!

P.S

月間再生回数300万PVの媒体は
アクセス誘導媒体にします。

サイトで言うところの初期SEOみたいな
立ち位置にしようかと。

チャンネル内でもピラミッドを
構築していきますからね。楽勝、楽勝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です