思いは飽和する、マウンティング合戦とそれぞれの未来

FC6FD62A-774D-40C8-9310-56369491D081

こんにちは、ISOYAです。

昨日のレター再公開は
にわかに反応がありました。

実は一部レターを
見たことが無い方も

この日刊を
読んでいたりするわけで
初めて見た方が驚いていました。

「チェ ゲバラみたいですね!
何気にスゴイ人じゃないですか!」

私もその感想に驚きました。

チェ ゲバラみたい、
というのは良く
わからなかったんですが

何か反骨心のようなものを
汲み取ったのかもしれません。

私がテリーマンだったら、
「俺を見くびるなよ!」
と言っていることでしょう。

※実際に言いましたが

さて、明日から
媒体構築がスタートです。

これはこれで淡々と楽しく
やっていきます。

一番成長するのは、
一番アウトプットした人です。

というわけでまず私が
一番出していくと
思うんですけど

さらにそれを
フィードバックさせていく

という好循環を生んで
いきたいと思います。

楽しみ楽しみ。

結局のところ、
自分で気づいたり
自分で掴んだものしか
モノにならなかったりします。

だからこその実践メインなんですね。

昨年末あたり、
メルマガ塾のオファーが
あったじゃないですか。

コンセプト的には
高度なメルマガノウハウを

教えるというもので
定期配信に否定的なものです。

価格を見て
正直安いと思いましたし

コンテンツ量は膨大ですし
あの人のコンテンツは

いつも発見があるので
正直少し迷いました。

でも、結果的には
申し込みませんでした。

日刊をすると決め
動いていたので
混乱すると思ったからです。

私はある時ふと
日刊をすると決め、
その通り動きました。

理由はなぜなのか
今ではよくわかりません。

日刊って確かに無駄だと思いますし
コスパが良いとは思えません。

人は流れるものに
価値を感じませんし

日刊はたまに
メールを流すより、
断然労力を使います。

それに、毎日配信をしていたら
カンタンに底が知れてしまいますし、

余程の知識量と行動量がない限り
安易にやってはいけないものです。

それでも敢えて始めたのは・・・

やはり、考えていることや
ある種の思いが飽和したからだと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バケツから水が溢れる様に、
何かが自分の中で閾値に達して

それで始めようと思ったのでは、
と考えています。

ステップメールから
始めたので日刊に対しては
私も否定的なんですが

やはり私は発信者ですし
色んなことをしてみたいですし

教えたり多角的に伝えるためや
本当の意味で理解するには

極端な真反対のことも
しないと分からなかったりしますしね。

ちなみに
たまにアウトプットができない、
とか

ノウハウコレクターなんですが
成果が出ないんです・・・

という人がいて、
指導する側も
大抵は”行動”をプッシュしがちですが

意外と良質なインプットが
足りてないことが多いです。

両輪なんで両方大事なんですけど
ノウハウコレクターを自称する人は
意外と知識や情報が偏ってたりしますしね。

それ知っててこれ知らないの?
みたいなね。

ノウハウコレクターとか一周して
逆にカッコいいみたいな
風潮がありましたが

前面に出すものでは
無いと思います。

同様に、YouTubeの件や
M.I.Pの件も
思いが飽和して結実したものです。

M.I.Pの集客構想なんて
一年前の今頃考えてましたからね。

安易に動かずにじっと
ふるいにかけて
寝かせていたわけです。

YouTubeだってそう。

外注化は実践していたものの

・最初の稼ぎ頭のチャンネルが飛び
・1000動画発注したチャンネルは死に
・100万PV媒体も再申請になり

なんだかんだで取り組みから遠ざかって
いたわけです。

あれをしたい。
こうしてはどうだろう。
あの要素を盛り込んだら・・・。
長期的に安定するメディアを!

そんな思いが、
Virtual YouTuberを見た時に
ピン!ときたわけです。

最近はVirtual YouTuberの
話ばかりだったので
似たようなことをするのか
と思ったかもしれませんが

YouTuberになるとか育成するとか
そんな話じゃありません。

クリエイターの方の発想は
リスペクトしています。

私はアーティストにはなれませんし
クリエイターとも程遠いですが

その意識やエッセンスは
参考にさせてもらっています。

毎日配信の動画を1本作るのに、
20時間とかかけていたりするんですよ。

そのクオリティや
意識は見るべきものがありますよね。

というわけで、
今年は色々溜めこんだものを
少しずつ開放していくことになりそうです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>