弱者だからこそ情報を発信することにした

情報発信、ってなんだかこのinfo界隈の業界においては

究極系のような、ある種の到達点のような呼ばれ方をして

 

神格化されてるようなきらいがあるんですが全然そんなことは無いと思います。

生きていて情報を発していない人なんているんだろうか・・・?

 

そんなことを思ってしまいますしせどりだって、サイトアフィリエイターだって

情報発信をしているでしょ、と思います。

 

とはいえ、そういう意味ではないということも当然理解しています。

情報発信単体で収益を上げている人っていずれかのパターンなんですよね。

 

・キラキラしている

・イケイケでオラついている

・ステキさがあってかしこい

 

やはり情報発信している人ってなんだかステキな要素があります。

例えが悪いのでその方面の人から怒られたり嫌われたりするかもしれないんですけど

物販で稼いでいる人とかと比べて、やはり発信で稼いでいる人ってステキで面白い人が多いです。

 

これは比率の問題であって、もちろん例外はあるんですが往々にしてそうです。

まあ物販とかせどりって地味ですしね。

 

あんまり頭使わなくてもある程度までは体力とかパワープレイで行けたりしますし。

かくいう私も超地味なサイトアフィリエイトで収益を上げてきた輩です。

 

サイトアフィリエイトは特殊技能のような分野なのでどうしても思考がたこつぼ的になったり、

頭がガチガチになる人が多いです。飲み会に出てもSEOと案件の話ばかりで、クソつまらないですしね。

 

サイトでめっちゃ稼いでる人は、超キレキレか地頭がいいか地味な作業を継続できる剛の者です。

女性も案外向いてます。それでタイトルの件、情報発信を何で始めようと思ったかというと、

ここはかなり長くなるのですが・・・当然、メリットがあるからです。

 

 

これはいくつかありますが、大きく3つだと思っています。

それは

 

・発信をし続けることで実は自分が一番パワーアップする

・発信に共感し共通の目的を持った仲間ができる(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

・発信することで、更に情報が入って好循環状態に入れる

 

 

この3つは大きいです。

ひとつひとつ掘り下げてみると、

 

 

・発信をし続けることで実は自分が一番パワーアップする

 

これは本当にそうだと思います。

これは精神論とかではありません。効果的な学習の過程からも明らかだったりする話です。

 

 

インプットのあとにすぐアウトプットを行うことで

学習効率が上がるのはもちろんですが、それを発信者は意識的に行うことができます。

アウトプットをするためにインプットするようなものですね。逆に言うとアウトプットなしでは劇的に学習効率は落ちます。

 

 

教える前提、アウトプットする前提で知識を得るから効率が上がり、

さらに実際にアウトプットすることでより理解を深くします。

 

 

情報発信はすればするほど発信者はパワーアップしていくことになります。

にも関わらず、情報の受け手や読者さんからは感謝されたりするわけです。

自身の成長と他社貢献と感謝がセットである、ということです。こんな良いことってないですよね・・・。

 

 

・発信に共感し共通の目的を持った仲間ができる(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

 

仲間という言い方が適切かわかりませんが、

情報発信者のもとには人が集まることになります。

 

 

そしてそれは発信する情報によります。

自分の思いを適切に発信できれば、

その思いに沿った人達が集まることになります。

 

 

神田昌典氏の本の中でも、実店舗なんかで

クライアントが「客層が良くない」いう愚痴をこぼしていて、

実際にチラシやDMを見てみたら・・・

無料のものばかりを推していたり、激安をアピールしていた、というような話があります。

 

 

発信する情報によって集まる人たちは変わるので

自分の思いに沿った仲間を集めたいなら

自分の思いを前面に出していかないといけません。

でもそこに共感してくれたり、

共通の認識や目的を持った人達と時間や知識や情報を共有できるって

なんだか不思議で面白いですよね。

 

 

・発信することで、更に情報が入ってくる

 

これは本当にそうなんですが

情報発信者のもとにはさらに情報が集まってきます。

これが一番のメリットかもしれません。

 

 

これはけっこう不思議なんですが、

どう考えても発信者である自分よりも上の人が登場したり

自分の知らないことを知っている人が多かったりします。

この集合知を束ねることができるのが情報発信者なのです。

 

 

そしてそんな仲間が増えていって

知識や情報を相互にフィードバックしていったら・・・

とてもすごいことになります。

 

 

情報発信は、一昔前までは一部の人や特権階級にしか許されていませんでした。

勿論、情報爆発時代の現代は違います。

情報発信はすればするほど情報が集まり、仲間も集まり、パワーアップしていくので、

実は弱者こそ発信するべきだと思います。

今はインフラが整っているので誰でも情報発信できますし、総発信者時代です。

これは逆を返すと、どこかで発信をしないとどんどん格差が開いていく

という意味でもあると思います。現にそうなってますよね。

 

 

そんなわけで危機感を感じつつ、

パワーアップを図りつつ

仲間を集めつつ

情報や知識を集めつつ

 

 

私は弱者であるので情報発信をすることにしたわけでした。

自分よりも凄い人や面白い人を集めつつ、その人の問題をWEBマーケティングの観点から解決しながら、

何か面白いことができたら・・・そう画策しているのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です