人生のピークと最強伝説黒沢

peak

人生のピークがあるとしたらそれは一体いつなのか・・・

もうすでに終わってしまったのか?それともまだ先の話なのか。

そこには何が待っているのか??

 

そんなことを良く考えていました。

そういえば( ´-`).。oO()

 

なんでこんなことを今思い出したかというと・・・

とある人に言われたからです。

 

あなたが最も良い時期は・・・晩年です、と。

 

おいおい。晩年?

晩年っていつだよ、80才、90才になってから

人生のピークが来ても遅いんだよ・・・

 

と思ったわけなんですが

よくよく聞いてみると

 

20代前半までは不遇の時代

30代後半が劇的に良くて

晩年はとても良い、と言われたわけです。

 

20代前半までが不遇の時代?

個人的にはそれほど悪くないと思うんですが、

きっとこれからさらに良くなるということだと解釈し黙って聞いていました。

 

まあ状況的に厳しいか厳しくないかで言えば厳しい場面もありましたし

修羅場や試練のようなものも当然ありました。まるで何かに試されているような。

でも、楽しいか楽しくないかで言えば、わりに楽しかったです。

 

このへんは認識の問題なので置いといて、

ポイントはピークがこれから来るということです。

 

ちなみに予言された人生のピークというのは・・・

今から5年後です(長い!!)

 

ま~でも、アンタのピークはもう終わったよ!!

地獄に落ちるわよ!(古い)

とか言われるよりはマシかなーと。

 

もう大人になると、

楽しいイベントって待ってないじゃないですか。

黙っていたら。

 

子供の時に死ぬほど楽しみだった、例えば

 

・遠足とか

・ゲームとか

・イベントとか

・クリスマスとか

・夏祭りとか

・買い食いとか・・・

※楽しくないという方もいるかもしれませんが

 

もうそういうイベントが

ある時期を境に全く楽しくなくなってしまう。

急に自分事じゃなくなってしまう。

楽しくなくなっているというのは

そのイベントの対象じゃなくなるからなんですね。

 

問題は、その対象から外れてもずっと受け手のままその周辺に居続けて

文句や不満を抱えつつも、何もしないことだと思います。ある地点を境にやはり、受け手から

シフトするものであるような気がします。純粋な受け手のままではいられない、むしろイベントを作る側にいるわけで。

楽しめないなら楽しめる方向にいかないとダメですよね。

 

作ることで楽しまなきゃいけない。

楽しみやイベントというものを誰かに与えられるのではなく、自分で作っていかなくてはならないわけです。

 

そんなことを考える時に思い出すのが黒沢です。

有名な漫画に、「最強伝説黒沢」というのがあります。安定の福本漫画ですね。

その一巻、冒頭にワールドカップ日本代表の活躍のシーンをテレビで見て大騒ぎしながらも

主人公である黒沢は落胆し、そんなことをしている自分に絶望します。

 


1

2

3

4

5

6

7

そこに感動があろうとも、それは結局のところ他人の物語なわけです。

自分自身が何かを成し遂げて得られた感動ではなく、自分の物語でもなければ、

本当に心の底からの感動ということではない、と気づきます。

 

自分で何かを達成して感動したい、自分だけの感動を手にしたいと黒沢は切に願います。

 

最強伝説黒沢に限らず、福本漫画は名言・名場面の宝庫ですが

この漫画は冒頭部分数ページ読むだけでもう良い気がします。

 

昔楽しんでたものだって、自分を取り巻く状況は常に変わりますし徐々に違和感

を感じたり楽しめなくなったりします。

 

昔はあんなに楽しかったゲームだって、やっぱり無邪気には続けられないですよ。

時間が無駄に感じるからです。自分はそうでした。

 

3時間とかダンジョンを彷徨って

セーブしてなくて全滅した時のあの絶望感・・・

 

時間を無駄にしてる感覚が出てからは、もうできないんだなと思いました。

今はオンラインだったり、ゲーム実況があったりするんで状況はまた全然違いますけれどもね。

 

時間が経つにつれ周りを見ていると

楽しそうな大人って減ってるしあんまりいないです。

 

普通は、仕事を始めたり、サラリーマンになった時点で

人生の大部分である40年間を差し出し

それと引き換えに生涯年収の2億~3億円を小出しにもらいます。

 

良い年齢になってくると、人生を諦めてる人が周りに増えていきます。

諦めることを積み重ねてきたので

ある意味ではしょうがないのかもしれないです。

 

でも人生のピークが先にあるから言うわけじゃないですけど

まだまだ出来ることはあると思うんですよ、今すぐにでも始められることが。

 

実は知っているようで知らないことは山ほどありますし

学ぶべきこと、学びたいと思うこと、面白いこと、楽しいことも本当びっくりするほどたくさんあります。

 

でもそういうのって、同じ場所にいると本当わからないんですよね。

同じ場所にいて同じものを食べて同じ人と会って同じ日々を繰り返していると

気づけない部分が多いです。

 

そういった今と違う視点であるとか、もちろん稼ぎも含めて、

変わり始めたきっかけはいつだって

今いる場所を抜け出したからです。

居心地のいい場所を飛び出して、チヤホヤされているだけの場所を去って

新しい場所、飛び込むのが少し怖い場所に飛び込んできたからです。

 

僕は洗脳にも似た超絶安定志向でしたので

ビジネスを始めるということは全く考えもつきませんでしたし

学生の頃にベンチャーをやっている知人を見ても、自分には全く関係ないものだと思っていました。

 

でも今は時代が違う。

そしてやはりいろんな意味でプラスになったのは

ビジネスを学んでからでした。

 

・世の中のお金の流れ

・一つの視点の獲得

・個人でも、個人だからこそできることがあること

 

そんなことに気づけましたし、何より楽しいのです。

 

人生のピークも作り出していくのであれば

間違いなく今取り組んでる取り組みとかビジネスが

どこかで1つにつながっていくのだろうと思います。

 

今までも全然上手くいってないわけではないのですが

それ以上のピークとかちょっと楽しみでもあります。

 

いずれにせよ、その時に向けて

淡々と続けていくだけです。

 

自分だけの物語を紡ぐんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>