ブログ必要説についての私見

06F89FD8-071C-4FBE-8496-2924E5FCA42F

こんにちは、ISOYAです。

現代は総発信者時代。
色々な人が色々なことを
言っています。

それは多分に
ポジショントークが
含まれているんですが

ある人はAを正しいと言い、
ある人はAを正しくないと言う。

そんな状況は
枚挙にいとまがありません。

そんな中で何を信じるか?
あるいは何を信じないか?
というのが大事なわけですが

一つだけポイントがあって、
それは

”成果を出している人の言っていることは、
全てとは言わないまでも何かが正しい”

ということです。

成果を出している人は
決してその行動や発言の全てが
正しいわけではないのですが

一部分に真実が含まれていたりします。

だからこそ成果が出るわけですが
そこを見極めるのは、
非常に難しいです。

それは、教える本人も
自覚的なのかそうでないか
わからないというのもあるんですが

教わる側も、余計なことをしたり
勝手な解釈と取捨選択をして

大事なポイントを
実行しなかったり
するからです。

望んでいる成果を
すでに出している人が

何に注力しているのか?
何に力を入れてきたのか?

ということがわかると
見えてくるものもあるんですが

ここで掲題の件。

ブログが必要か否かについてです。

ここについては
結構議論されているのでは、
と思いますが

個人的には一つの結論が出ています。

それは、ブログは・・・

・最初は必ずしも必要ない

・普通の個人こそ必要で他のメディアが無いなら必須

・コンテンツ置き場

結局のところ、
集客の他の入り口が無いのであれば
あったほうがいい、

というものだと
考えていて

セールスには現状、
必ずメルマガが必要なんで
メルマガの方が必須です。

しかしまあ、これも翻って
最初に戻るんですが
立場によって変わるんですよね。

乱暴な言い方をすれば

ブロガーは
”ブログさえあればいい”
と思っていますし、

YouTuberは動画、
“YouTubeがあればいい”と思っている。

コンテンツホルダーや
リストホルダーは

ブログは時間がかかるのでまどろっこしい、
“メルマガだけあればいい”

とは思っています。

しかし上位ブロガーは
決してブログだけでなく
リストもしっかり取っていたりしますし

YouTuberもLINEブログを
持っていたりします。

コンテンツホルダーや
リストホルダーも
強力なブログに匹敵する、

自動集客の出来る
強力な集客経路と
集客媒体を所有しています。

つまりがまあ、
最終的には全部やった方が良い、
入り口は多いほうがいい

という暴論になるんですけど
ブログは個人こそ持つべきだと
思うわけです。

ブログなんていらない、
と言っている人も

ブログがあれば
さらに入口が広がるわけで

今やろうとしていることは
アクセスの着地をブログに
しようと構想しています。

アクセス→ブログ(→LP)ですね。

病み上がりでまとまりに欠けますが

最近、風邪が流行っているので
みなさまお気をつけて下さいー。

ではでは!

P.S

Amzonのメールサーバの件、
2回申請しましたがダメでした・・・。

ううっ。

理由は、過去に
サーバーに負荷をかけたことがあるから
転送量は上げられない、
というものでした。

※本当に全く記憶にございません。。。
なんかのツールでサーバを
使ってたとしか考えられない

ややランクは落ちるものの
違うサーバに変えてみます。

まったく記憶にないけれども
過去の自分を問い詰めて
小一時間説教してやりたいですが
致し方ないっすねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>