カマスの話と船の話が好き

カマスの話が好きです。

この手の話は意外と良くあるんですが、なぜか自分の心を捉えて離さないのです。

 

私が最初に聞いたのは確か研修か何かで

どこかのえらいひとが話していたというのが最初でした。

 

このカマスの話には似たような話があって、

1stペンギンとか、さるとか、ノミとか、メダカとか、

あとはゆでガエル・・・は少し違いますが

とにかく同じような話があるんですけれども、

カマスの話が妙に刺さったんですね。

 

魚だからかもしれません。

魚じゃないとここまで刺さらなかったかもしれないです。

 

カマスの話というものを説明しておくと、

 

まず水槽とカマスを用意します。

この水槽に、透明な仕切り板を真ん中に入れ、水槽を2つに分けます。

 

片方にカマスを入れて、もう片方にエサを入れます。

そうすると、カマスはエサを食べようとして

チャレンジし、真ん中の仕切り板のガラスにぶつかります。

 

このガラスにぶつかるっていうのは魚にとって結構な衝撃らしく、

水族館の魚は、ガラスにぶつかって死んでしまうこともよくあるそうなんですが

とにかくエサを求めてカマスはガラスにぶつかるんですね。

 

でも、当然仕切りがあるのでエサを取ることができないわけです。

で、カマスはどうなるかというと、

何回かぶつかると、エサを取ることを諦めてしまいます。

 

これは不思議なんですが、

透明の仕切り版を外して、エサを取れるようにしたとしても

カマスはもう、エサに飛びつくことはなくなるんですね。

 

負の学習をし、エサはもう取れないと思い込み、

エサが取れる様になっても、諦めてしまうんです。

何回か挑戦してダメだった記憶から2度とエサのある向こう側を目指すことは無くなってしまうのです。

 

それで、ここからが本題です。

このカマスにもう一度エサを取らせるにはどうしたらいいかということなんですが、

どうしたらいいでしょう。他の話を知っている方なら想像がついていると思います。これがとても簡単なんです。

 

それは何かというと、水槽に新しいカマスを入れるだけです。

 

新しいカマスは、水槽に入った途端、

エサを見つけて飛びつきます。

 

この様子を見て、

諦めてしまったカマスも我に返ります。

「アイツができたのなら、オレにもできる!」と思い

またエサを取りに行くようになる、ということです。

 

 

・・・。

 

 

いやーいい話でしたね。

この話好きなんですよ。

 

 

この話を聞いたときに、

成果を出す人と成果が出ない人はその場の環境やコミュニティに原因があるのでは?

ということを思ったわけです。

そしてその差は新しいカマスが出てくるかどうか、仲間がいるかどうかという気がするんです。

 

よく、カールルイス以前・以後で陸上記録が劇的に変わった

みたいな話もありますが、

あれもカールルイスは新しいカマスだったわけです。

 

人類は100mを9秒台で走ることは無理だと言われていた。

それをカール・ルイスが破った。

 

それを見て、あるいはそれを見ただけで確信し、

他の競技者(古いカマス)たちも

「オレもできる!」と思い、実際に9秒台を出していったのです。

 

これってやはりどこにもこういう話ってあるんですよね。

確信を得るということがいかに大事かという話です。

 

コミュニティでも成果を出す人が多いところって、

新しいカマスが必ずいるんですね。

やっぱりみんながバンバン成果を出せるには

新しいカマスの存在が不可欠だと思うんです。

 

ネットで稼ぐのもそうじゃないですか。

昔は情報こそまるでなかったけれども、

今では情報があふれていて、逆に溢れすぎてる感はありますが

それこそ稼いでいる人の情報なんてたくさん出てきます。

 

それに、一人で稼げる金額とかもアッパーがあったように思います。

月に100万円も稼げればスーパーアフィリエイターみたいな雰囲気が過去にありましたが、

今ではそんなことはありません。

 

月収数百万円、あるいは数千万円稼ぐ人が出てきて、

どんどん基準値とインフレが上がっているわけです。

 

と同時に、後に続く人もどんどん確信を得て増えていきます。

 

なので、周りを見渡しても分かるように、

自分にも、そしてあなたにもチャンスはある。

 

幸せの境界線、

という話がまことしやかにあって、

これは稼ぐ金額が一定数を超えてしまうと

あとは幸福度がそんなに変わらないという話なのですが

 

それ以上が変わらないのであれば

やはりそこまでは稼ぐ必要があると思っています。

 

今の自分ぐらいの収入が、

なんとなくダレるようなラインだと思うんですが、

停滞=ゆるやかに死んでいることと同じ

であり、現状維持は右肩下がりする一方です。

 

ちなみに

幸せの境界線の収入はどのくらいかというと、

年収3000万円だそうです。

 

月換算では250万円。

 

今年中にいけない数字ではないですね、

全然イケます。

 

なぜなら同ジャンル・同手法において、

先人のカマス達がたくさんいるからですね。

 

月1000万円のストック報酬を目指すなら、

あと3年かかってできるかどうか、みたいな気配がしますが

その4分の一の250万円であれば・・・

 

本気でやって今年1年でいけますね!

 

よし、やりましょう!

他のカマスにできて自分にできないことはない。

特にこのネットビジネスにおいては。

 

ステキなYouTubeチャンネルのコンセプトもできましたし、

コンテンツと動画を作って有益な発信と価値提供で

報酬を積み上げたいと思います。

 

これができれば、

また一段高いところに進めるような、

そんな気がしています。

 

P.S

カマスの話ばかりして船の話しませんでしたが、

船の話もなかなか素敵ちっくな話なのです。

 

船の話もいずれどこかでしたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です