アメブロの読者が最近増えてるから見てみると・・・

e0015

いやーすっかり忘れてたんですよ、アメブロ。

アメプレスを設定してからずーーーっと放置してたんですね。

 

で、最近になってですね、WPのブログの方を更新し始めたわけです。

それに連動してアメブロの方も反応するので、アメブロの方もアクティブになってくるわけです。

いやあ、こうしてみると面白いですね。やはり初速は断然アメブロの方がアクセスがあります。

 

まあ、消されちゃうとどうしようもないですけれどもこういうのは良し悪しですからね。

一時期のアメブロブームみたいなものはとうに過ぎて、これからアメブロとか始める人とかは少ないでしょう・・・。

今始めるとしたらそうですね、Instagramなんかがいいんじゃないでしょうか。

 

こういうのは流行り廃りの話ではあるんですが、流れに乗っかるのも超大事。

落ち目のものをこれから時間費やす意味がないですからね。

残存者利益を追うのは玄人か、そこに居続ける人ができることです。これからの人がするものではありません。

 

この辺の見解としては、ブームや流れを見極めた上で、常に最新の情報を入れつつも、

古いものや新しいものということではなく本質的なものに取り組むのが鉄板です。

長期的なものに取り組むのは結果的に無駄がないですしね。

 

だから、物販で全然成果出なかった人が、最近Twitter始めて法人化したという話を聞いて

ヤバイなーと思いました。今更Twitterっていうのがまた凄いですし、Twitter1本で法人化とかイケイケだなーと思います。

Twitterって・・・。ま、只者ではないですしなんとかなるでしょう。

 

話は超それましたが、アメブロの読者がついた、という通知が結構くるわけですよ。

おおーーーやっぱ続けてると少なからず反応があって素晴らしい!

こういう反応があるっていうこと自体が良いことだな、

 

と思いながら読者のブログを見てみると・・・

その読者が超どうしようもないブログだったりするんですよね。

これは完全にツールでしょう、というような。

 

昔アメブロにがっつり取り組んでた時に、ツールでガンガン増やしてたんですが

ツール使い同士がお互いに相互リンクしてるだけで意味ないんじゃないか、と思った時がありました。

自分もツールで相手の読者になって、相手もツールで自分の読者になるという。

お互いがお互いをそもそも見ていないというやつです。

 

意味ないなんてことはないですし、一応相手のブログに表示されたりして

入口が増えると言えば増えます。

 

途中から一気にツール使いが多くなってブームの終焉を予感したものです。

ツールが一般に出回る時点で・・・みたいなのもありますし

常に新鮮なモノを新鮮な時期に取り入れる重要性、というものを知りました。

 

こういう、その時代時代特有の新しいものって、必ずしも全部取り組む必要はないと思うんです。

 

新しいものには爆発力がありますし一撃があります。先行者利益があります。

その分、やはり無駄になるリスクもありますよね。

 

じっくりと長期で取り組めるものや本質的なものに

トレンドを載せていくと爆発要素が上がりますし

興味のないジャンルや苦手ジャンルに参入するなら、周りの盛り上がりを見てから

参入して後から蹴散らす方が効率はすごく良いですよね。

 

これはどちらかというと強者の戦略ではありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>