「理想を語るにはそれに見合った力が必要だ。お前たちにはそれが無い」←反論しようじゃないか

93C4FA5A-920C-4838-9D83-52595CB5B49A

こんにちは、ISOYAです。

冒頭のセリフなんですが・・・
漫画から拝借しました。

キングダムは秦の時代ですが、
封神演義は殷の時代ですね。

※決して大の中国好き、
というわけではないのですが

さて冒頭のセリフどうでしょうか。

これは、圧倒的に強い、
当時中国全土で三本の指に入る

聞仲が太公望率いる
主人公チームを殲滅し、
言い放ったセリフが上記なのです。

「理想を語るにはそれに見合った力が必要だ。

お前たちにはそれが無い」

この一言だけでも

メルマガが書けるように、
また記事が書けるように、

なかなか味わい深い、
香ばしい発言ではあるのですが

こういうのを見た時に
大事なことが実は
二つあってですね。

・自分が両方の立場を取れるということ
(両方のメリット、デメリットを言えること)

・必ずどちらの立場をとるか明確にすること

上記が大事です。

間違っているかいないか?

そんなものは究極的には
大した問題じゃなくて

それに対する見解(フィルター)
を人は見たいと思っています。

そしてそれこそが肝であり
肝心要だったりします。

そうでなければ、
その人のその媒体を見る必要はなく

情報だけだったら
wikipediaで良いですからね。

はい、ここまでは
情報発信系の内容でしたので

上記のセリフに対しての
私の考えを述べようと思います。

コチラです。

立場:反対派。理想を語るのに力は必要ない!
力が無くても、理想は語っていいんだ!

発言をする際に、
やはりバックボーンが必須であり

大抵の議論の場合、

参加者の認識とか
スタートが同じではないので

ごちゃごちゃして
収拾がつかなくなるのですが
それは一旦置いておいて

私としては、上記発言には反対派で、
力はさほど必要ないと思っています。

なぜなら、

・いつも何かをしようとする時

・何か大きいことを実行しようとする時

・この方向に進みたいと思った時

そういう時は、
必ず思考から始まりますし

何もなかったり、
理想と現状に差がある
ところからスタートします。

インプットや内的な思考が一定値
たまってくると、そこでようやく

今度はそれを外に、
言葉として出したくなります。

思いやイメージと言うのは
それはそれで大事ですが

それと同じくらい、形にすること、
言語化することと言うのは大事です。

思いは気体のようなもので、
そのままでは消えてしまうからであり

結晶化しカタチにしなければ
フワフワしたまま
どこへも行けないからです。

この流れを組んだ時、

もし力が無ければ、
言葉にしてはならない、
理想を語れない、

というのであれば
それは片手落ちの状態と言えます。

理想を叶える時、

イメージがあり
それを言葉にし、さらにそれを言う必要があり
もちろん行動がある。そこまでがセットだと思います。

それに、理想っていうのはいつも高いところに
あるものじゃないですか。

それは北極星のようなもので
なかなか届かないようなものです。

しかしそれをもとに立ち位置がわかったりします。

必ずしも手が届かないからといって
そこまでの力が無いから
語るのを禁止される。

そんな馬鹿なことは無いです。

イメージと、決断、コミットから
始まりますからね。

言うならばそれはスタートです。

聞仲は強力かつ
優秀なプレイヤーではありますが
指導者としては決してそうではない。

何でもできる、
自分の力だけでのしあがってきた
叩き上げのスーパーワンマンなので

弱い人の気持ちが
本当の意味で分からないし
育てるという気持ちも希薄です。

私は教育者ではありませんが
指導者としての側面はあるので

上記のような語りを禁止することは
当然ありません。

むしろそここそが
大事なのではないか、
そう思ってるフシもあります。

そして、同じくらいに大事なのが
それを実際に現実に落とし込む力。

これも同時に必要だと思っています。

それを実現することができる力、
それを実現することができるライフスタイル、
というものを私は数年前から模索し、

最近、ようやくカタチに
することができました。

構想数年、苦節数年で
足かけ10年以上かもしれません。

そんなライフスタイルの新しいカタチ、
新しい職業のことを、

私はパワートラベラーと名付けました。
~~~~~~~~~~~~~~~~

パワートラベラー
→ https://powertraveler.jp/

・・・。

はい、すみません。
いつものパワートラベラーネタです。

しかし見れば見るほどズルいよなあ。。。
(く・・・悔しい!ビ・・自粛中)

途中までいい話だったのに
ボケたくなってきてボケてしまいました。
悪い癖です。

というわけで、独自の肩書き、
主張も必要だよね★

というライトな話にすり替えます。
(着地は本当にそこか・・・?)

今回は詰め込め過ぎました。
上記はフザけましたが、

私もクリーンな旗を掲げるべく、
主張と言葉とビジョンを磨いている最中では
あるんですよー。

バッチリ媒体作りますからね。

辛く苦しい作業ですが、
それは人生における苦しさの前倒しです。
面白くはあります。

それこそがネット上に
自分をアップロードさせる

意味だとも思いますし、
ハリボテのビジョンと借り物の言葉を
語るわけにはいきません。

発信する理由の核の部分なので。

稼ぐだけじゃなくて、
やりたいことをやるとか
自分を全開に出していくとか
ファンを作っていくとか

なかなか贅沢なことだと思いますね。
マズローでも上の方です。(雑な説明)

然しながら、
伊坂幸太郎が「砂漠」の中で指摘したように

「ラッシュライフ」の冒頭で登場人物に言わせ、
初期の作品を貫く裏テーマであったように

「人間関係における贅沢こそが最高の贅沢」
なのです。

ここには昔から激しく同意しています。
そしてそれを可能にするのが、
情報発信ビジネスだと思っています。

美味しいsakeは、それを大切な人と飲み、
そして共有するから美味しいんですよ。

1人で飲んで何がうまいんですか。
※いや、うまいのもあるんですが・・・

人間は社会性のある動物なんで
当たり前です。

そこを追求していくのも悪くないですよね。

でわわ!

P.S

昨日もコミット通り、動画30本作りました。

コミットしてない人は、
必ず全体チャットにコミットして下さいね。

気合いの入った、無理のない範囲での
自分の限界値に近いステキなコミットを
お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>